このページの本文へ

アイ・オー、実効28Mbpsの無線ブロードバンドルーター『WN-B11/BBRH』を発売

2002年03月11日 23時20分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アイ・オー・データ機器(株)は11日、実効速度が28Mbpsの無線ブロードバンドルーター『WN-B11/BBRH』と、無線LANカードをセットにした『WN-B11/BBRH-S』を3月末に出荷すると発表した。価格は『WN-B11/BBRH』が2万8000円、『WN-B11/BBRH-S』が3万4800円。

『WN-B11/BBRH』
『WN-B11/BBRH』

『WN-B11/BBRH』は、“IEEE 802.11b”準拠の無線LANアクセスポイントを搭載したブロードバンドルーター。デュアルアンテナを搭載し感度を向上させたほか、クロス/ストレート自動認識の4ポートスイッチングHub機能を搭載する。DHCPクライアント/サーバー(最大253)、NAT/IPマスカレード、DNSリレー、DMZホストなどの機能を搭載し、セキュリティーは128bitWEPに対応する。各種設定はウェブブラウザーで行なえる。簡易ログ表示機能も搭載する。

インターフェースはWAN側が10/100BASE-TX×1、LAN側が10/100BASE-TX×4。本体サイズは、幅214×奥行き127×高さ25mm、重量は約780g。対応機種は、PC/AT互換機とPC98-NX、Macintosh。

『WN-B11/BBRH-S』は、『WN-B11/BBRH』にPCカード(Type II)型の無線LANアダプター『WN-B11/PCM』1枚をセットにした製品。『WN-B11/PCM』はダイバーシティー機能を搭載し、128bitWEPに対応する。Windows XPにも対応する。

『Disk Refresher』『Disk Refresher』

併せて、ハードディスクのデータを完全消去するソフト『Disk Refresher(ディスク リフレッシャー)』を発売すると発表した。価格は9000円で、3月下旬に出荷する予定。CDやFDで起動できるほか、SCSI、USB 2.0/1.1、IEEE 1394接続のHDDにも対応するのが特徴。Windows上から複数のHDDの同時消去も行なえる。セクタダンプや再フォーマット(FAT/FAT32のみ)などの機能も搭載する。データの消去方式は、ゼロクリア方式/乱数書き込み方式/NSA方式/米国陸軍方式(AR380-19)/米国海軍方式(NAVSO P-5239-26)/米国国防総省方式(DoD5220.22-M)/NCSC方式(NCSC-TG-025)に準拠する。対応機種は、PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。対応OSはWindows XP/2000/Me/98/98 SE。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン