このページの本文へ

プラネックスからUSB接続の無線LANプリントサーバ「GW-PS01U」が登場!

2002年03月07日 22時25分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GW-PS01U

 プラネックスから、USB無線LANプリントサーバ「GW-PS01U」が登場する。



GW-PS01U

 既存のプリントサーバのイーサネットインターフェイスをそっくり無線LANに置き換えたという製品で、この種の製品としてはこれまでアイ・オー・データ機器の「WN-B11/PRS」、エレコムの「LD-WL11/PRN 」、コレガの「PS-11」などの製品が発売されているが、このGW-PS01UではプリンタインターフェイスがUSBとなっているのが特徴だ。これにより、USBハブと併用すれば最大3台までのプリンタを同時に接続できるようになっている。
 無線LAN機能はIEEE802.11b対応で、伝送速度は最大11Mbps。プラネックスのウェブサイトによれば、最大通信距離は環境にもよるが屋外では最大100m、屋内では11Mbpsの場合30m、2Mbpsの場合70m。
 本体サイズは155(W)×122(D)×30(H)mm。ダイバーシティアンテナを本体内に内蔵しているため突出部はなく、接続端子のたぐいも1ポートのUSB端子と電源端子だけという非常にシンプルな外観となっている。



GW-PS01U

 8日(金)の入荷を予定しているのは、その日新生オープンとなるDOS/Vパラダイスネットワークセンター。価格は2万2800円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ