このページの本文へ

リクルートコスモスとUSEN、新築分譲マンションへのFTTHの提供で提携

2002年03月06日 21時31分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)リクルートコスモスと有線ブロードネットワークスは6日、新築分譲マンションにおける光ファイバーを利用したインターネット接続サービスの提供で提携したと発表した。

提携の主な内容は、リクルートコスモスが販売する首都圏の新築分譲マンションに対し、有線ブロードネットワークスが最大1Gbpsの光ファイバー網(FTTH)を引き込み、各戸に最大100Mbpsのインターネット接続サービスを提供するというもの。また、映画、音楽、ゲーム、スポーツなどの約5000種類のブロードバンドコンテンツや、6日に一部地域で開始したIP電話サービス(料金は市内4円/市外8~24円)も提供する。インターネット接続サービスを導入した第1号の物件は、3月下旬に販売開始予定の都市型タワーマンション“横濱ディアタワー”(総戸数264戸)。今後については、物件の規模や地域の特性を考慮して、随時採用するとしている。

併せて、有線ブロードネットワークスは、社名の略号を小文字の“usen”から大文字の“USEN”に変更したことも発表した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン