このページの本文へ

デル、モバイルPentium 4-M-1.6/1.7GHz搭載ノート『Inspiron 8200』を発売

2002年03月05日 17時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は5日、同社の個人・SOHO、中小企業向けノートパソコン“Inspiron(インスパイロン)”シリーズで、モバイルPentium 4-M-1.6/1.7GHzとi845MPチップセットを搭載した最上位機種『Inspiron 8200』の販売を同日付けで開始すると発表した。併せて、同社の企業、教育・官公庁向けノートパソコン“Latitude(ラティチュード)”シリーズで、モバイルPentium 4-M-1.6GHzとi845MPチップセットを搭載した『Latitude C840』の販売を6日に開始すると発表した。購入・問い合わせ窓口は、TEL.044-556-6190または同社の直販サイト“オンライン・ストア”。

『Inspiron 8200』
『Inspiron 8200』

『Inspiron 8200』は、最大1024MBのPC2100対応のDDR SDRAMメモリー、最大60GB(後日対応予定)のUltra-ATA/100対応のHDDが搭載可能なノートパソコン。15インチカラー液晶ディスプレーは、SXGA+(表示解像度1400×1050ドット)、UXGA(同1600×1200ドット)に加え、視野角や明るさを強化したというEnhanced UXGA(同1600×1200ドット)から選択できる。ビデオチップは、米エヌビディア社の『GeForce2 Go 200』(32MBのDDRビデオメモリー)または『GeForce4 440 Go』(64MBのDDRビデオメモリー)を採用する。V.92対応の56kbps Faxモデム、10/100BASE-TXのLANポートのほか、ワイヤレスLAN用アンテナを内蔵する。オプションのワイヤレスLANカードを装備することで、ワイヤレスLAN環境に対応できる。IEEE1394ポートも搭載する。サイズは幅331×奥行き276×高さ44.5mmで、重量は3.5kg(CD-ROMドライブ、FDD搭載時)。スマートリチウムイオンバッテリーを採用し、駆動時間は最大約3時間。セカンドバッテリー装着時は最大約6時間となる。

『Inspiron 8200』の最小構成は、モバイルPentium 4-M-1.6GHz、128MBのメモリー、20GBのHDD、15インチカラー液晶ディスプレー(SXGA+)、『GeForce2 Go 200』(32MBのDDRビデオメモリー)、最大24倍速CD-ROMドライブなどで、OSはWindows XP Home Edition。価格は22万9800円。

『Latitude C840』
『Latitude C840』

『Latitude C840』の価格例は、1024MBのPC2100対応のDDR SDRAMメモリー、40GBのUltra-ATA/100対応のHDD(最大60GB:後日対応予定)、15インチカラー液晶ディスプレー(UXGA)、DVD&CD-RWコンボドライブ、エヌビディアのビデオチップ『GeForce4 440 Go』(64MBビデオメモリー)、V.92対応56kbps内蔵モデム/NICコンビネーションカード、Windows XP Professionalなどの構成で、48万3500円となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン