このページの本文へ

米インテル、『Mobile Pentium 4-M-1.6/1.7GHz』と『845MP Chipset』を発表

2002年03月05日 12時16分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米インテル社は4日(現地時間)、『Mobile Intel Pentium 4 processor-M』の1.6GHz版と1.7GHz版、およびそのチップセットである『Intel 845MP』『Intel 845MZ』を発表した。1000個ロット時の価格はMobile Intel Pentium 4 processor-M-1.6GHzが401ドル(約5万3000円)、同-1.7GHzが508ドル(約6万7000円)、845MPが43ドル(約5700円)。

Mobile Pentium 4-Mのロゴ
Mobile Pentium 4-Mのロゴ
『Mobile Intel Pentium 4 processor-M』と『Intel 845MP』
『Mobile Intel Pentium 4 processor-M』(左)と『Intel 845MP』(右)

初のモバイル向けPentium 4『Mobile Intel Pentium 4 processor-M』

Mobile Intel Pentium 4 processor-M(以下Mobile Pentium 4-M)は、米インテル初のモバイル向けPentium 4プロセッサーで、1.7GHzという動作周波数は、モバイル向けとしては最速のもの。最初のPentium 4は2000年11月に1.4/1.5GHz(644/819ドル。約8万5000円/約10万8000円)で登場しており、モバイル版まで約1年3ヵ月かかっているものの、1.6/1.7GHzという、デスクトップ版を上回る速度かつ廉価での発表となった。

Mobile Intel Pentium 4 processor-M
Mobile Intel Pentium 4 processor-M

1日に東京で行なわれた米インテルCEOのクレイグ・バレット(Craig Barrett)氏の講演の際、Mobile Pentium 4-Mが今週中に発表となることが示唆されており、10機種以上のMobile Pentium 4-M搭載ノートパソコンを展示していた。すでに(株)東芝の『DynaBook G4』など一部は発表となっているが、日本でも5日以降、多くの製品が正式発表となる見込み。

Mobile Pentium 4-Mは、“NetBurstマイクロ・アーキテクチャ”を採用、400MHzのシステムバス、20段の“ハイパー・パイプライン・テクノロジ”、デコード済み命令をキャッシュする実行トレースキャッシュ、コア周波数の2倍で動作する整数演算ユニット、SSE2命令のサポート、512KBのオンダイ2次キャッシュメモリーを備えている。

Mobile Pentium 4-Mは、0.13μmプロセス技術で製造されており、パッケージはμMCPGA(Micro-Flip Chip Pin Grid Array)。省電力機能としてはアプリケーションによる動作状況に応じて、Maximum Performance ModeとBattery Optimized Modeを自動的に切り替える“Enhanced SpeedStepテクノロジ”や“Deeper Sleep Alert State”を搭載している。Mobile Pentium 4-M-1.7GHzは、Maximum Performance Mode時に1.7GHz(コア電圧1.3V)、Battery Optimized Mode時に1.2GHz(コア電圧1.2V)で動作する。

DDRメモリーをサポートする『845 chipset family』

インテルが、Mobile Pentium 4-M専用チップセットとして同時発表したのが『Intel 845 chipset family』である『Intel 845MP』と『Intel 845MZ』の2種類のチップセット。845MPはAGP4Xバスを備え、外部グラフィックスをサポートするが、845MZはAGPバスを持たず、内蔵のグラフィックスを利用する。今回出荷したのは845MPのみで、845MZは今後リリース予定としている。

Intel 845MP
Intel 845MP

845MPはEnhanced SpeedStepテクノロジやDeeper Sleep Alert State、400MHzシステムバスをサポートする。メモリーはDDR 200/266MHz SDRAMを最大1GBサポートする。チップセットの省電力機能として“Low-power graphics power management mode”や、チップセット使われていないときにクロックの供給を自動的に遮断する機能などを備えている。パッケージはFCBGA(Flip Chip Ball Grid Array)で供給する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン