このページの本文へ

クーラーマスターから真っ赤なCPUクーラー第2弾「Red Bull Jr.」が登場

2002年03月01日 21時03分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Red Bull Jr.

 クーラーマスターから、Socket370/A用CPUクーラー「Red Bull Jr.」が登場した。
 以前同社からは真っ赤なヒートシンクが特徴のクーラー「Red Bull」が登場しており話題を呼んだが、“Jr.”はその名が示す通り同じく真っ赤なヒートシンクの廉価版という位置付けだ。



Red Bull Jr.

 まずヒートシンクが前モデルの60(W)×80(D)×66(H)mmから“Jr.”では60(W)×80(D)×41(H)mmへと小型になったうえ、底面に埋め込まれていた銅がなくなり総アルミ製となったのが変更点。
 また前モデルでは8cm角25mm厚の大型のファンを採用していたが、それに対し6cm角25mm厚にサイズダウン。NMB製の「2410ML-04W-B59」という型番の製品で、回転数は5400rpmと変わらないが、騒音は30dBから40dBへと増大している。静音性が前モデルのウリとなっていたが、この廉価版ではそのあたりはあまり考慮されていないようだ。
 価格は高速電脳で2980円、CUSTOMで3280円。



Red Bull Red Bull Jr.
こちらは「Red Bull」の底面。ハイブリッドだそれに大して「Jr.」では銅がなくなり総アルミ製に
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ