このページの本文へ

エレコム、パソコン自動切り替え器とPS2用インターネット接続キットを発売

2002年03月01日 17時55分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エレコム(株)は1日、パソコン自動切り替え器『KVM-2』と『KVM-4』、および(株)ソニー・コンピュータエンタテインメントの家庭用ゲーム機『プレイステーション2』用のインターネット接続キット『LD-PS2/P』を発売すると発表した。発売時期は『KVM-2』と『KVM-4』が3月中旬で、『LD-PS2/P』は3月上旬。価格は2台切り替え用の『KVM-2』が1万5800円、4台切り替え用の『KVM-4』が2万6800円、『LD-PS2/P』は7000円。

『KVM-2』
『KVM-2』
『KVM-4』
『KVM-4』

『KVM-2』と『KVM-4』は、1組のコンソール(ディスプレー/キーボード/マウス)から、KVM-2は2台、KVM-4は4台までのパソコン本体を切り替えて使うことができる切り替え器。切り替えは、押しボタン式の切り替えスイッチあるいはキーボードのホットキーで行なう。パソコンの電源を入れると切り替え器のブルーのLEDが点灯し、選択したパソコンを示すオレンジのLEDランプが点滅するようになっている。パソコンを5秒から30秒までの間隔で順番に切り替え、ディスプレーの状態を監視する“オーとスキャン機能”や、選択中のパソコンを終了させると別のパソコンに自動的に切り替わる“オートスキップ機能”を搭載するほか、ホットプラグに対応する。ディスプレーの解像度は1920×1440ドットまで対応

『KVM-2』の背面
『KVM-2』の背面

インターフェースはミニD-Sub15ピン(VGA)とPS/2コネクターを装備し、電源はパソコンのPS/2コネクターから供給を受ける(PS/2の出力が5V以下の場合は付属のACアダプターを利用)。消費電流は最大300mA(DC9V時)。本体サイズは、『KVM-2』が幅130×奥行き75×高さ42mmで重量は475g、『KVM-4』が幅200×奥行き75×高さ42mmで重量は675g。KVM-2には1.5mのKVMケーブルが2本、KVM-4には1.8mのKVMケーブルが4本付属する。

『LD-USBL/TX』『LD-PS2/P』のUSBイーサネットアダプター『LD-USBL/TX』

『LD-PS2/P』は、ネットワークブランド“Laneed”から発売するプレイステーション2対応のインターネット接続キット。(株)エルゴソフトのウェブブラウザー/電子メールソフト『EG BROWSER』と、とUSBイーサネットアダプター『LD-USBL/TX』をセットにしたもの。『LD-USBL/TX』は10/100Mbpsに対応し、ISDN、ADSL、CATV、FTTH回線に対応できる。本体サイズは幅62×奥行き33.5×高さ25mm。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン