このページの本文へ

日清食品、『ほぼ日公式ラーメン サルのおせっかい』をインターネット限定販売

2002年02月28日 23時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日清食品(株)は28日、糸井重里氏が編集長を務めるウェブサイト“ほぼ日刊イトイ新聞”との共同開発商品であるたて型カップめん『ほぼ日公式ラーメン サルのおせっかい』を、同社のバーチャルショップ“日清e-めんShop”で限定販売すると発表した。

『ほぼ日公式ラーメン サルのおせっかい』インターネット限定販売の『ほぼ日公式ラーメン サルのおせっかい』

『ほぼ日公式ラーメン サルのおせっかい』は、“がんばっている人を応援するためのインスタントラーメン”として、“ほぼ日公式ラーメン”を“忙しくて食事の時間を十分にとれない人達を応援(サポート)するための食品”として位置付けられた製品で、忙しい人に足りないものの代表である“ビタミンC”とインスタントラーメンの融合を図ったもの。インターネット販売限定の製品として共同開発され、開発の経緯は“ほぼ日刊イトイ新聞”に連載されている。

パッケージは、デザイナーの秋山具義氏によるオリジナルデザインを採用。“ほぼ日刊イトイ新聞”のキャラクター“おさる”をデザインしたカップに外箱が付属する。スープはしょうゆ味ベースで、具材として“おさる”をデザインした大きなナルト(さると)、煮豚、チンゲンサイ、ネギ、たまごが入っているほか、レモン5個ぶんのビタミンCが入ったレモン風味の粉末スパイス(スッパイス)の“おせっかいぶくろ”が添付されている。

3月5日に“ほぼ日刊イトイ新聞”で先行予約の受付を開始し、3月8日から“日清e-めんShop”で販売する。ケース単位で販売し、決済はクレジットカードまたはセブンイレブンの代金収納サービスとなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン