このページの本文へ

NTT東日本、他事業者の光ファイバーとの相互接続の個別協定で認可申請

2002年02月26日 23時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東日本電信電話(株)は26日、同社の光ファイバー設備と他事業者の光ファイバー設備との相互接続の協定を個別に締結できるようにすることに関して、総務大臣に認可申請を行なったと発表した。電気通信事業法第三十八条の二第七項の規定に基づいて行なうもので、認可後、速やかに実施するとしている。

図
接続概要

これにより、同社と他事業者の光ファイバー同士の接続を個別に協定を結んで行なえることになる。提供条件は、(1)通信用電柱上の接続用設備内で同社と他事業者の光ファイバー設備を接続する、(2)接続料金や工事費および手続き費は同社の公表約款に規定された光信号端末回線を提供する場合の料金に準じて適用する、(3)具体的な接続方法などは設置形態を考慮して同社と他事業者が協議して決定する、となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン