このページの本文へ

Microsoft Encarta 総合大百科 2002

Microsoft Encarta 総合大百科 2002

2002年04月10日 18時18分更新

文● culi

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Microsoft Encarta 総合大百科 2002

マイクロソフト

オープンプライス

日本でも定着してきた感のあるマルチメディア百科事典「Microsoft Encarta」(エンカルタ)が、毎年恒例のバージョンアップを行った。2月22日から発売される「Encarta 2002」では、従来の特徴を強化するいくつかの新機能を搭載している。

学校向けに重心を移しつつ
マルチメディア/ネット機能を強化

 米国では1993年以来すでに10年近く版が重ねられ、すでにマルチメディア百科事典のスタンダード的な地位を築いているEncartaだが、1997年から発売されるようになった日本語版は、ユーザーから評価は得ているものの、学校や一般家庭にまで十分浸透したとは言えないのが現状だ。

 その理由のひとつは、Encartaはその内容を各国独自に編集しているため、英語圏ほど市場規模も大きくない日本では制作費のコストパフォーマンスが悪く、価格が高くなってしまうこと。もうひとつは、伝統を誇るライバルの存在だ。米国では(同様のライバルだったBritanicaに対して)有効だった販売戦略も、条件の違う日本ではなかなか効果が出せないようだ。

 単純な文字情報では、かつて日本で圧倒的シェアを占めていた「世界大百科事典」の集積情報に対抗するのは時間もコストもかかり過ぎる。それだけに、Encartaの方針は当初から項目数で勝負せず、マルチメディア的機能を重視してきた経緯がある。

図1 3Dバーチャルツアー。よくあるVRだが、Web用に比べモデルは緻密なようで、HDD上から読み込む場合でも10~30秒かかる。埋め込まれたホットスポットから、百科事典の項目本文などを呼び出せる。
 例えば今度のEncarta 2002では、新たに「3Dバーチャルツアー」という機能が追加された。古代遺跡、建造物の3D VRモデルを自由に探索できる、という機能で、織田信長が建てた安土城、ローマのコロセウム、ギリシアのアクロポリス、古代ペルシアのペルセポリスなど7箇所が再現される(図1)。インターネット連携の強化としては、MSNBCが提供している世界の気象情報を表示したり、windowsmedia.comから世界のネットラジオにアクセスするメニュー「オンラインメディア」が追加されている(図2)。



図2 「オンラインメディア」経由でアクセスしたwindowsmedia.comのページ。各都市の項目にも、MSNBCのその時点での気象情報や関連ラジオへのリンクが表示される。オンラインメディアを積極的に取り込もうという姿勢は評価できる。

図3 資料BOX。項目本文や写真・図版類をボタン一発で取り込みできる。さらに、必要な箇所を抜粋したり、注釈を書き加えるなど編集を行い、資料やレポートも作成できる。
 さらに、これまでの毎月の無償アップデート「イヤーブック」では、新規追加文章へのリンクが表示されただけだったのに対し、Encarta 2002の「エンカルタ アップデート」機能では、項目本文に直接修正や追加を行うようになり、本来の意味で「常に最新の情報」を閲覧できるようになった。もちろん、前バージョンから強化された、新学習指導要領「総合的な学習の時間」向けの機能「資料BOX」なども引き続き利用可能だ(図3)。

 なお、Encarta 2002のラインナップでは、地図ソフトだけ単体で提供していた「百科地球儀」を廃止し、ベーシックな「百科事典」(CD-ROM版)と、百科事典+百科地球儀のセット「総合大百科」(CD-ROM版とDVD-ROM版)の2系統とすっきりした形になった。総合大百科には「Microsoft Bookshelf 3.0」も同梱される。

 ここ2年ほど、児童、生徒の学習支援ツールとしての方向性を打ち出してきたEncartaだが、それでも一番安い「百科事典」が1万5800円という実売価格で(「アカデミックオープンライセンス」などの割引制度は存在する)、学校への導入拡大もなかなか一筋縄ではいかないだろう。今回のEncarta 2002では、全国の教育用ソフトウェアライブラリセンターへ1本無償で寄贈するプログラムを実施するというが、個々の子供たちが自在に使える環境が構築できないと、この種のツールの利用価値は上がらない。


表 キャッシュバックキャンペーンの内容
対象製品 Microsoft Encarta 総合大百科 2002/2002 DVD-ROM Microsoft Encarta 百科事典 2002
対象者
  • Encartaシリーズ旧バージョン全製品(インタラクティブ英会話シリーズを除く)
  • Encarta 百科事典 Basic全バージョン
  • Encarta 百科事典 Lite
  • Bookshelf全バージョン・Bookshelf Basic全バージョン(Microsoft Officeプリインストール版を含む)
キャッシュバック額 5000円 3000円
表 アカデミックパックの内容
製品名 Microsoft Encarta 総合大百科 2002/2002 DVD-ROM アカデミックパック
購入可能対象
  • 幼稚園~大学、専門学校、専修学校、各種学校、教員の研修を目的に地方自治体が設置した教育センター・教育研究所
  • 上記教育機関の児童、生徒、学生、および教員
推定小売価格 1万7800円

 その一方で、「2万円もする事典を毎年買い換えることなんてできない」と、筆者のように古い年度版のEncartaを使い続けている一般ユーザーも多数存在するハズ(そのため、Microsoft Officeプリインストールのメーカー製PCに含まれる「Bookshelf Basic」のユーザーも対象となるキャッシュバックキャンペーンや、学校関係者向けのアカデミックパックが用意されている、表参照)。Encartaが日本でも電子百科事典の“顔”となるための鍵は、やはり全国の学校を結ぶオンライン環境への接続サービスをどう展開していくか? または筆者のように予算に限りがあるが百科事典的情報を求めるユーザーに、どのような継続的情報サービスを提供するか? という点での新しい戦略ではないだろうか。

Microsoft Encarta 総合大百科 2002の主なスペック
対応OS Windows 98/Me/2000/XP
CPU Pentium-233MHz以上(Pentium II-300MHz以上を推奨)
HDD 470MB以上(辞典データをHDDにコピーするには1.37GB以上必要)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン