このページの本文へ

なにかと話題のLite-Onからも書き込み40倍速のCD-RWドライブ

2002年02月14日 21時31分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
40x/12x/48x

 突然、“i845G”と思われる未発表のチップセットを搭載するマザーボードの展示が始まったかと思えば、他社製のドライブではバックアップできないCD-ROMがバックアップできるとしていくつかのCD-RWドライブがマニアから人気を集めるなど、最近なにかと話題のLite-On(Lite-On Electronics/Lite-On IT)。そんなLite-Onから最大40倍速書き込みに対応するCD-RWドライブ「LTR-40125S」が登場した。40倍速書き込みに対応するCD-RWドライブはプレクスター製「PlexWriter 40/12/40A」に続き2製品目。書き換え速度12倍速はPlexWriter 40/12/40Aと同じだが、読み出し速度は48倍速となっており、総合では世界最速のCD-RWドライブということになる。



LTR-40123S

 現在のところLite-Onのウェブサイトに詳細情報は掲載されていないため、キャッシュ容量など詳細は不明。だが、バッファアンダーランエラー防止機能“SMART-BURN”(Smart Monitoring & Adapting Recording Technology for BURNing)や、音楽CDなどのリッピング時に適切な読み出し速度を自動的に設定して読み出しエラーの減少に寄与するという“SMART-X”(Smart Monitoring & Adjusting Read-speed Technology for eXtraction)を搭載するのは従来どおりだ。SMART-BURNは、認証こそ取れていないが、BURN-Proofとほぼ同じものであると考えていいだろう。価格はフェイスで1万9800円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ