このページの本文へ

アイ・オー、HDDをLANポートに接続するアダプターなどを発売

2002年02月12日 20時45分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は12日、マルチインターフェース“i・CONNECT”対応のHDDをLANポートに接続するLANコンバーター『LAN-iCN』、それに80GBのHDDをセットにした『HDA-i80G/LAN』、Palm m500/505などに対応した携帯電話/PHSデータ通信アダプター『SnapConnect 500』などを発すると発表した。2月下旬に出荷予定。

『LAN-iCN』
『LAN-iCN』

『LAN-iCN』は、コンバーターケーブルにより各種インターフェースに対応する独自のマルチインターフェース“i・CONNECT”を搭載したHDD(20GB~120GB)専用のLANコンバーター。LAN-iCNで接続したHDDを、WindowsやMac OSを搭載したパソコンからネットワークドライブとしてアクセスできるほか、ファイル共有も行なえる。インターフェースは10/100BASE-TXで、対応プロトコルはTCP/IP(SMB、AppleTalk)。対応OSは、Windows XP/2000/Me/98/98 SE/95/NT 4.0(SP4以降)、Mac OS 7.6~9.2.2。専用のデータフォーマットを採用しているため、i・CONNECTコンバーターケーブルで利用していたHDDを使用する場合は再フォーマットが必要。本体サイズは、幅116×奥行き74×高さ26mm、重量は約180g。電源は5V/1Aで、ACアダプターが付属する。2月下旬出荷予定で、価格は2万4800円。

『HDA-i80G/LAN』は、販売中の80GBの外付け型HDD『HDA-iU80』とLANコンバーター『LAN-iCN』のセット。価格は4万9800円。また、交換/追加用HDDオプションとして、80GBの『HDA-i80(OP)』と40GBの『HDA-i40(OP)』を3月中旬に出荷する。本体サイズは幅33×奥行き187×高さ117mm、重量は約1.1kg。価格はオープン。

『SnapConnect 500』『SnapConnect 500』

『SnapConnect 500』は、デジタル携帯電話(PDC)、cdmaOne(PacketOne)、PHS(PIAFS 32k/64kbps)対応のPDA用データ通信アダプター。PDAの対応機種は、Palm m500/505、WorkPad c505で、Palm OS 4.0に対応する。携帯電話やPHSに接続してデータ通信が行なえるほか、パソコンのUSBポートに接続してデータの同期“HotSync”を行なう“モバイル・クレードル機能”や、PDAのパッケージに同梱されているACアダプターを利用してPDAの充電を行なう“モバイルチャージ機能”を搭載する。本体サイズは幅69.4×奥行き27.0×高さ121.5mm、重量は約68g(ケーブルを除く)。電源は単4アルカリ乾電池×2本。消費電力は最大180mW。価格は1万9800円。パッケージには携帯電話(PDC)用のケーブルが付属し、H”/feelH”用(OP9664-H)、PHS用(OP9664-PHS)、cdmaOne用(OP9664-cdma)は別売りオプションとなる。オプションケーブルの価格は3000円。H”/feelH”用のみ3月中旬発売で、そのほかは販売中。ただし、AirH”には対応していない。

『USB-HKR2』『USB-HKR2』

『USB-HKR2』(愛称D2Link)はUSB接続の光デジタルオーディオ出力アダプター。2001年4月に発表した『USB-HKR』のリニューアル版で、DTS音声の出力に対応したのが特徴。DVDビデオの音声をドルビーデジタル5.1ch対応のサウンドシステムで再生したり(Macintoshは非対応)、サウンドデータをMDレコーダーなどで録音したりできる。長さ1メートルの光デジタルケーブルと光端子変換プラグ(角型/丸型)が付属するほか、インタービデオ社のDVDプレーヤーソフト『WinDVD 3.1』を同梱する。サイズは幅30×奥行き55×高さ26.5mmで、重さは約50g。電源はUSBから供給する。対応OSは、Windows XP/Me/98 SE/2000、Mac OS 9.0.4/9.1/9.2.1、Mac OS X 10.1/10.1.1。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン