このページの本文へ

高木産業、Pentium III-S-1.4GHz搭載ノート『PNIV-PIII1400TRD』など3機種を発売

2002年02月07日 19時17分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高木産業(株)は10日、“パーパス”ブランドのノートパソコンの新製品として、Pentium III-S-1.4GHzを搭載する『PNIV-PIII1400TRD』とCeleron-1.3GHzを搭載する『PNIV-C1300TRD』を12日に発売すると発表した。併せて、Pentium III-S-1.26GHzを搭載した『PNIV-PIII1260URD』を12日に発売する。

『PNIV-PIII1400TRD』
『PNIV-PIII1400TRD』

『PNIV-PIII1400TRD』は、Pentium III-1.4GHz、SiS630STチップセット、256MBメモリー(SDRAM)、1024×768ドット1677万色表示の14.1インチTFT液晶ディスプレー、30GBのHDD(UltraATA/100)、CD-RW&DVD-ROMドライブ(CD-R書き込み8倍速/CD-RW書き換え4倍速/DVD-ROM読み込み8倍速/CD-ROM読み込み24倍速)、V.90対応56kbpsモデムを内蔵し、10/100BASE-TX、IEEE1394、S/PDIF(光コネクター)、USB×2、Sビデオなどのインターフェースを搭載する。電源はリチウムイオンバッテリーで約1.5時間の利用が可能(充電時間は約3~5時間)。ACアダプターが付属する。OSはWindows XP Home Edition。本体サイズは幅304×奥行き253×高さ36.5mm、重量は約3kg。アプリケーションソフトとして、(株)ビー・エイチ・エーのライティングソフト『B's Recorder GOLD』とサイバーリンク(株)のDVD再生ソフト『PowerDVD』が付属する。価格は23万8000円。

『PNIV-C1300TRD』は、CPUをCeleron-1.3GHz、メモリーを128MB、HDDを20GBにしたモデル。価格は19万4800円。『PNIV-PIII1260URD』は、Pentium III-1.0GHz搭載の従来機種『PNIV-PIII1000URD』を基に、CPUファンをTualatin用に変更し、チップセットをSiS630STとしたノートパソコンで、本体サイズは幅315×奥行き256×高さ42mm、重量は約3.5kg。OSはWindows XP Home Edition。

同社は併せて、従来機種の『PNIV-PIII1260TRD』を21万8000円に、『PNIV-PIII1200TRD』を20万8000円に値下げする。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン