このページの本文へ

ロジテック、USB 2.0対応書き込み24倍速外付けCD-R/RWドライブを発売

2002年02月07日 13時33分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は、USB 2.0/1.1対応の外付け型CD-R/RWドライブ『LCW-E24U2』を今月中旬に発売すると発表した。価格は1万9500円。

『LCW-E24U2』
『LCW-E24U2』

『LCW-E24U2』は、CD-R書き込みが最大24倍速、CD-RW書き換えが最大10倍速、CD-ROM読み込みが最大40倍速のCD-R/RWドライブ(USB 1.1ではすべて8倍速となる)。外装を小型化し、本体サイズを幅150×奥行き243×高さ44mm(突起部を含まない)とした。本体重量は1.4kg。騒音の発生を抑えるため、冷却ファン不要の静音設計を採用している。バッファアンダーランエラーを防止する“JustLink機能”とゾーン分割方式のCLV(Constant Linear Veocity:線速度一定)の組み合わせで、24倍速での安定した書き込みを可能にしているという。対応OSはWindows 98/98 SE/Me/2000 Professionl/XP(USB 2.0/1.1接続)とMac OS 8.6~9.2.2(USB 1.1接続のみ。機種によって対応OSが異なる)。 電源はAC100Vで、消費電力は13W(ACアダプターを含む)。

(株)アプリックス製のライティングソフト『WinCDR 7.0 Standard Edition』/『MacCDR』やPacket write方式のライティングソフト『PacketMan』(Windows/Macintosh対応)などが付属する。また、Windows XPのエクスプローラー上でのCD-R/RWへの書き込み機能や、Windows Media Player 8上からの書き込みにも対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン