このページの本文へ

松下ネットワークマーケティング、『SDマルチカメラ』のチタンブラックモデルを限定販売

2002年02月01日 17時09分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下ネットワークマーケティング(株)は1日、ショッピングサイト“PanaSense(パナセンス)”において、2001年12月18日に発表した携帯電話サイズのデジタルカメラ『SDマルチカメラ』のカラーバージョン『SV-AV10-B』(チタンブラック)を3月1日に発売すると発表した。価格は4万4800円。

チタンブラックモデル
『SV-AV10-B』(チタンブラック)

『SV-AV10-B』は、ボディーカラーに“チタンブラック”を採用したモデル。『SDマルチカメラ』には、シルバー、レッド、ブルーがラインアップされているが、発売に先行して行なった限定100台のモニター販売や、商品化を前提として行なったカラー人気投票の結果を反映して、チタンブラックモデルをパナセンスで限定販売するもの。

『SDマルチカメラ』は、SDメモリーカード/マルチメディアカードを利用して、動画と静止画の記録と再生、AAC圧縮方式の音楽の再生、ボイス録音機能による音声の記録と再生が行なえるデジタルカメラ。記録方式は、静止画がJPEG準拠(640×480ドット、DPOF対応)、動画がMPEG-4準拠(176×144ドット/320×240ドット)、音声がG.726。動画は画面サイズと画質により4段階(ファイン/ノーマル/エコノミー1/エコノミー2)の設定が行なえ、エコノミー2(176×144ドット)の場合、512MBのSDメモリーカードを利用すれば約11時間20分の録画が行なえる。ボイス録音は512MBで約35時間。本体サイズは幅28×奥行き87×高さ50mm、重量約98gと小型軽量化が図られているのが特徴。

撮像素子は1/4インチの35万画素(有効33万画素)のCMOSセンサーで、焦点距離4.16mm、F値が3.6のレンズを搭載する。最短撮影距離は50cm。モノラルマイクロホンと11万画素の2インチ液晶ディスプレーを搭載する。バッテリーパック(3.7V)、ACアダプター、8MBのSDメモリーカードなどが付属する。付属のバッテリー(充電時間2時間)では、約1時間の動画の記録再生、あるいは約1時間30分のボイス録音再生が行なえる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン