このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Mebius MURAMASA PC-MT1-H3R

Mebius MURAMASA PC-MT1-H3R

2002年02月01日 23時39分更新

文● 別冊ASCII編集部・吉川 大郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Mebius MURAMASA PC-MT1-H3R

シャープ

オープンプライス

最薄部16.6mm,せり上がるキーボードで話題になった本機は,その後順調にモデルチェンジし,人の印象に残るノートPCのひとつになったようだ。今回は,CD-R/RWドライブ搭載モデルを使用し,MURAMASAの斬れ味に迫ってみたい。

本稿にて紹介している製品は、2002年1月末時点で次期製品が発表または発売されております。本文中では次期製品にも触れておりますので、次期製品を「読み解く」際にお役立てください。(別冊ASCII編集部/ASCII24 Review)

キーボード、ポインティングデバイス、液晶パネル部の全景。
 シャープの技術力を結集して設計された極薄型ノートPCが,本機「Mebius MURAMASA」シリーズである。最薄部16.6mmは,先日東芝のDynaBook SS Sシリーズが発表されるまでは,世界でもっとも薄いPCの座を確保していた。MURAMASAが初めて登場した際には,テレビ番組でもその薄さが紹介された。

 先日マイナーチェンジが行なわれたばかりのMURAMASAだが,本機と比べてCPUがPentium III-M-750MHzとCeleron-650MHzに(CD-R/RWドライブ搭載の“R”タイプは,Celeronモデル)なったほか,目立った変更点はないので,パフォーマンス以外の面では,本記事を参考にしていただいて問題はない。本機の世代もそうだが,今回のMURAMASAも3つのモデルが登場した。1つは前述した「R」の後継。もう2つは,CD-R/RWドライブは付属しないが,CPUに超低電圧版 Mobile Pentium III-750MHzを搭載したPC-MT1-H5とPC-MT1-H5Fだ。この2機種はハードウェアにおける違いはなく,H5がWindows XP Home Editionを,H5Fが,Professionalをプリインストールしている点が異なっている。

 ちなみに,「R」モデルに同梱されるCD-R/RWドライブ「CE-CW05」は,USB接続でCD-Rの書き込み8倍速,CD-RW書き換え8倍速,読み出し最大6倍となっているほか,書き込みエラーを防止するJustLink機能を搭載する。USB接続なのが少しさびしいが,MURAMASAがIEEE 1394インターフェイスを持っていないので致し方ないところだ。購入の際は,オールインワンノートPC的な活用法をとる代わりにCeleronでよしとするか,超低電圧版 Mobile Pentium III搭載をとるか,という選択になろう。デスクトップマシンを所有しており,2台目のパソコンを買う,という視点であれば,XP Proを搭載したH5Fをお勧めするが,初めてのマシンを購入するというのであれば,H5Rもよい選択だと思う。CD-R/RWドライブ付きのH5Rのほうが,PCそのものの使い方の幅が広がるからだ。Microsoft Office XP Professionalもプリインストールされているし,「これ1台あれば何でもできる度」を考えると,H5Rという結論になる。

 ここで,MURAMASAの薄さを実現している技術について,ざっとおさらいをしておこう。本機の薄さに堅牢性を与えているのが,マグネシウム性のフレームにアルミ合金のキャビネットを貼り合わせた「ボックスラーメン構造」だ。正直,実機を触るまでこの薄さに不安感を覚えていたのだが,実際にMURAMASAを運用してみると,強度面で不安になることはなかった。むしろ自重があり,大型の筐体になってしまういくつかのA4のオールインワンノートPCのほうが,べこべことしたボディワークで,取り扱いに慎重になってしまったほどだ。デザインは話題になっただけあって秀逸。持っていてうれしくなることは間違いない。液晶パネルの開閉スイッチは本体側に付いており,スイッチを押し込むことで,液晶パネル側のツメがカチッと外れてパネルが少し開く構造だ。液晶パネルのヒンジは,評価用に借り受けたマシンでは少し硬めでよい感じだ。



同梱物。紙のマニュアルを廃止する方向に進む機種もある中,MURAMASAはしっかりとしたマニュアルを付けている。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン