このページの本文へ

シャープ、18.1インチTFTカラー液晶ディスプレー『LL-T1803』を発売

2002年01月29日 20時16分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は29日、18.1インチTFTカラー液晶ディスプレー2モデルを発表した。発売日は、本体カラーが“フロスティグレー”の『LL-T1803-H』が3月1日、“ブラック”の『LL-T1803-B』が4月25日。価格はオープン。編集部による予想販売価格は13万円前後。

『LL-T1803-H』
『LL-T1803-H』

両モデルともに、輝度は1平方メートルあたり220カンデラ、コントラスト比は400:1、視野角は上下左右とも170度。アナログ信号入力端子と、DVI規格に準拠したデジタル信号入力端子(DVI-D)を装備し、両端子にそれぞれ別のコンピューターを接続し、画面を切り替えて使用できる。解像度は1280×1024ドット(SXGA)で、最大表示色は1677万色。アナログ時の水平同期周波数は31.5~81.1kHz(デジタル時は31.5~67.5kHz)、垂直同期周波数は56~75Hz(同60~75Hz)。最大消費電力は48W。本体サイズは幅422×奥行き217×高さ420mmで、本体重量は7.0kg。VESA規格に準拠した取付マウント(100mmピッチ)を装備する。

クロック/フェーズ/画面位置を自動調整する“画面自動調整”機能、輝度/コントラストを自動調整する“オートゲインコントロール”機能、VGA/SVGAモードなどの拡大表示で発生するにじみを抑える“デジタルスケーリング”機能、5段階の画面色調(色温度)切り替え機能を搭載する。一定時間使用しないと自動的にバックライトが消えるパワーセーブモードに対応する。VESA基準DDC1/DDC2B規格に対応し、Windows 95/98/Me/2000のプラグ&プレイが可能となる。

なお、同製品のγ特性と色特性を記述したファイル“ICC(International Color Consortium)プロファイル”、アナログ信号ケーブル(ミニD-sub15ピン)、専用ACアダプター、ユーティリティーディスク(Windows/Macintosh用)、電源コードを同梱する。デジタル信号ケーブル『NL-C01J』は別売り(価格3800円)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン