このページの本文へ

ソニーマーケティングとソニースタイルが合併

2002年01月29日 16時49分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーマーケティング(株)は29日、ソニースタイルドットコム・ジャパン(株)と3月1日付けで合併/統合すると発表した。

ソニースタイルドットコム・ジャパンは、国内におけるインターネットを通じたソニー製品のマーケティング/販売/関連サービスを提供する会社で、2000年1月27日設立。資本金は4億円で、資本構成はソニー(株)が50%、ソニーマーケティングが50%。ソニーマーケティングは、国内における主としてソニー製品のマーケティング/販売を行なう会社で'97年4月1日設立。資本金は80億円、資本構成はソニー100%。

合併後の存続会社はソニーマーケティングで、ソニースタイルドットコム・ジャパンは、ソニーマーケティングのディビジョンカンパニーのひとつとして、独自性を保ちながら引き続き事業を拡大展開していくという。なお、ソニースタイルドットコム・ジャパンの社員約50名はそのままソニーマーケティングの社員となる。新体制でのソニーマーケティングの代表取締役社長は、現社長である小寺圭氏となる見込み。

今回の統合により、現在ソニースタイルドットコム・ジャパンが運営しているECサイト“ソニースタイル”を、国内におけるネットワークマーケティングの中核として位置付け、サービスを拡大していくという。

さらに、両社のインフラを共有化することで経営効率を高める。また、統合により国内ソニーユーザーとの接点を一元化することで、サイトのコンテンツや使い勝手、ユーザーサポート体制など、ユーザーの利便性を向上できるという。

両社は新体制のもと、今後展開するネット対応型製品/サービスの市場導入時に、新たなマーケティングスタイルを構築したいとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン