このページの本文へ

NTTドコモ、iモード対応携帯電話用パケット網インターフェースの提供条件をISPに公開

2002年01月25日 20時45分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは25日、国内市場の“モバイルマルチメディア(MM)サービス”の展開で、インターネットサービスプロバイダー(ISP)向けに、パケット網との接続インターフェースの提供条件をホームページ上で公開した。パケット網と接続することで、iモードと同様のサービスが可能になるという。

今回公開するのは、インターフェースの提供についての基本的な考え方、提供機能、接続構成、契約などに関する概要。接続を希望するISPは、概要を理解したうえで、同社に協議を申し込むことになる。対象となるISPは、第一種または第二種電気通信事業者。提供するのは、個人情報(発信者電話番号/位置情報)、ウェブアクセス機能(ポータルサイト接続/インターネット接続)、メール機能(プッシュ型/プル型のメッセージ受信)など。接続試験は11月上旬に開始する予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン