このページの本文へ

NEC、64Mbitモバイル用RAM『μPD4664312』を発売

2002年01月23日 17時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)は22日、携帯電話やPHSなどのモバイル機器向けに、ローパワーSRAM機能互換の64Mbitモバイル用RAM『μPD4664312-X』を製品化し、サンプル出荷を開始すると発表した。サンプル価格は3000円。5月以降月産50万個で生産する予定。

『μPD4664312-X』
『μPD4664312-X』

DRAMのリフレッシュを内部で自動で行なうことで、ローパワーSRAMと機能互換を持たせたほか、高速アクセスのための8ワードのページ・リード機能を搭載する。また、データ保持領域とデータ非保持領域の容量を16M/8M/4Mから選択できる“パーシャル・リフレッシュ機能”を搭載する。データ保持容量を少なく設定することでスタンバイ電流を低減でき、スタンバイ電流は16Mで60μA、8Mで50μA、4Mで45μA。データを保持しない設定ではスタンバイ電流を最大10μAに抑えることが可能。

『μPD4664312-X』は、0.18μmのCMOSプロセスで製造され、ビット構成は4Mワード×16ビット。サイクル時間は65ns/70ns、ページアクセス時間は18ns/20ns。電源電圧は2.6V~3.1Vで、消費電流は動作時が35mA、スタンバイ時が最大100μA。93ピンFBGA(Fine Pitch Ball Grid Array)パッケージで提供する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン