このページの本文へ

NEC、Pentium III-1GHz搭載の1Uラックマウント型サーバー『Express5800/600Ai-R』を発表

2002年01月23日 17時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)は23日、中小規模企業の基幹業務システム用に高さ1U(44.45mm)のラックマウント型サーバー『Express5800/600Ai-R』を発表した、価格は215万円で、2月1日に出荷を開始する。

『Express5800/600Ai-R』
『Express5800/600Ai-R』

『Express5800/600Ai-R』は、CPUにPentium III-1GHz、OSにWindows 2000 Serverを採用したラックマウント型サーバー。256MB(最大4GB)のメモリー、36.2GB(219.6GB)のHDDを搭載し、CD-ROMドライブ、100BASE-TX/10BASE-TのLANアダプターを装備。RAID 5のディスクアレイ装置を標準装備する。また、SAN対応のラックマウント型ディスクアレイ装置『iStorage S1100』と、記憶容量が最大14TBのディスクアレイ装置『iStorage S2100』に対応し、両装置とファイバーチャネルで接続可能。さらに、同製品は、27Uの標準ラックに最大16台搭載可能で、標準搭載のミドルウェア『A-VX IV R5.5』で集中管理できるという。本体サイズは幅483×奥行き656×高さ44mm。本体重量は14kg。

同社は併せて、Express5800/600シリーズにインストール可能な通信ソフト『A-VX/i-NET接続ソフトウエア』を発表した。これは、パケットフィルタリングなどのファイアウォール機能、ウェブ改ざん監視自動復旧機能、VPN(Virtual Private Network)機能を搭載したソフト。価格は19万8000円で、2月1日に出荷を開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン