このページの本文へ

DynaBook SS S4/275PNHW

DynaBook SS S4/275PNHW

2002年03月11日 21時44分更新

文● アスキーPC Explorer編集部・佐久間 康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DynaBook SS S4/275PNHW

東芝

オープンプライス

DynaBook SSシリーズが薄型軽量を極めて生まれ変わった。最薄部14.9mm、重量1.19kgはいずれもB5ノートとして最小最軽量だが、本機はそこにPCとしての基本機能+αをシッカリ詰め込んだ、1台目として使えるサブノートだ。

本誌2冊分の薄さ&重さに
最新CPU&自社開発HDDを搭載

写真1 カバーを開けた底面。1.8インチHDDの周囲は衝撃を防ぐラバーで覆われている。バッテリも通常の丸型セルではなく、より薄型なリチウムイオンポリマー電池を採用(バッテリの厚さは11mm)。
 本機の発表に先立って、1月16日に東芝は1.8インチHDDの新製品「ML2003GAH」を発表した。TypeIIのPCカードHDDにも採用される超小型HDDの最新モデルだ。
 「DynaBook SS S4/275PNHW」は、この発表間もない自社製HDDと、1月21日に発表されたインテルの超低電圧版Mobile PentiumIII-M-750MHzを採用。小型軽量化とパフォーマンスの両立を目指したB5ノートだ。その薄さ&軽さは本誌と比べるとよく分かる。12.1インチXGA表示の液晶画面を開くと本体部分がちょうど1冊分、液晶を閉じれば2冊分の厚みで、重さも本誌2冊分にほぼ等しい。

 薄型といっても筐体の強度はしっかり保たれている。外装はマグネシウム合金とアルミニウムを組み合わせ、特に衝撃やゆがみから保護すべき液晶パネルは側面につなぎ目のないバスタブ構造を採用することで従来よりも強度を高めている。実際、1kg少々の本機は、本体を片手で持つケースが多いと思われるが、それでもぐらつきや不安感はない。

 ノートPCの使い心地を左右する重要な要素であるキーボードは、Fnキーが右側に、半/全キーがF1キーの横に並ぶなど若干変則ではあるが、スペースバーが4キー分(実測73mm)と広く、BSやEnterキーも大きくするなど使いやすいレイアウトになっている。同じく薄型軽量を誇るシャープ「PC-MT1<MURAMASA>」のようにキートップがせり上がるギミックはないのでストロークは若干浅め(1.7mm)だが、反発力が強く気持ちのいいタイプ感を実現している。

 コネクタ類は外部CRT、USB×2、モデム、LANが背面に集中して並ぶ。その分、側面はすっきりしており、左にSDカードスロット、右にTypeIIのPCカードスロットとヘッドフォン、マイク入力、IrDA端子が並ぶだけだ。これは開口部をなるべく少なくすることで強度を保持するという目的もある。



写真2 背面および両側面。背面のカバーはモデム端子のみ別になっている。これは会社などで机に置いて使う場合、LANとUSBはつなぎっ放しになるケースが多いが、モデムは家庭や外出先での需要が多いと予想されるため、とのこと。

 本機ではさらに無線LAN機能(IEEE802.11b)も内蔵し、最近増えてきた「ホットスポット」や、無線LANアクセスポイントを利用してのワイヤレスネットワークへの参加が可能になっている。

写真3 ACアダプタはVシリーズより一回り小型な45(W)×105(D)×28(H)mm/320gのものが付属する。
 モバイルノートとして気になるバッテリ駆動時間は公称2時間とやや心もとないが、底面に接続してチルトスタンド代わりにもなる大容量バッテリパック(3万円)を併用すれば8時間と、ほぼ1日ACアダプタなしで利用できる。その場合でも重さは1.5kg、厚みは33mm程度に収まるのはうれしい。

 価格はオープンプライスで、予想実売価格は22万円前後。CD-ROMドライブ(USB接続、CD-ROMブート可能)はオプション扱いだが、万一の場合のリストア時にも必要になるので、本体とセットで導入することをお勧めする。



写真4、5 キーボードはほぼ等幅の19mmピッチ。スペースバーが広く、Enterキーが右端にあって打ちやすい。本体の厚みは本誌アスキーPC Explorer2冊分にほぼ等しく、液晶を開くと本誌1冊分になる。
DynaBook SS S4/275PNHWの主なスペック
製品名 DynaBook SS S4/275PNHW
CPU 超低電圧版Mobile PentiumIII-M-750MHz
メモリ 256MB
液晶 12.1インチTFT
解像度 1024×768ドット/フルカラー
HDD 20GB
CD-ROM オプション
通信 モデム&LAN&無線LAN
サイズ 289(W)×229(D)×14.9~19.1(H)mm
重量 約1.19kg
OS Windows XP Home Edition
Officeアプリ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン