このページの本文へ

GeForce2 Ti後継でオーバークロック耐性強化版?!“GeForce2 Ti VX”搭載ビデオカードが玄人志向から

2002年01月18日 20時26分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Ti VX

 突如として“GeForce2 Ti VX”というGPU(ビデオチップ)を搭載するビデオカードがデビューした。18日から販売が始まったのは玄人志向製の「GF2TIVX-AGP64」とテレビ出力を装備するバリエーションモデル「GF2TIVX-AGP64TV」。GeForce2 Ti VXなるGPUはNvidiaから発表されていないが、玄人志向によると「GeForce2 Ti VXはGeForce2 Tiの後継チップ」とのこと。チップ上には確かに“Ti VX”の刻印を確認できた。



GF2TIVX-AGP64TV

 現在のところGeForce2 Ti VXについての情報は皆無に等しい状態だが、玄人志向によると「マスクシュリンクの結果、発熱量が従来のGeForce2 Tiに比べて大幅に減っており、オーバークロック耐性が高い」GPU。このことから判断するにGeForce2 Ti VXとは、0.18μmプロセスとなっているGeForce2 Tiのダイサイズをレイヤ構造はそのままに若干シュリンクしたものであるようだ。メーカー保証付の“セレクトシリーズ”とはいえオーバークロックは自己責任だが、試してみる価値はあるかもしれない。ちなみに搭載するVRAMは32MBで、200MHz(DDR 400MHz)のSamsung製DDR SDRAM。



K4D263238M-QC50
Samsung製のDDR SDRAM。5ns品だ
価格ポップ

 18日現在販売開始を確認できたのはコムサテライト3号店で、価格はGF2TIVX-AGP64が1万3200円、GF2TIVX-AGP64TVが1万4300円。GeForce2 Tiカードとしても安価な部類に入るため、オーバークロック好きな人だけでなく、単純にコストパフォーマンスの高いビデオカードを求めている人にとっても魅力的な製品と言えるだろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ