このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

小型ベアボーン「Polo-T」に続き「Pandora」もTualatin対応に!

2002年01月12日 23時22分更新

文● 小板

Pandora Plus

 小型ベアボーンもマザーボードのリビジョンアップによって、どんどんTualatin対応になっているが、星野金属工業(ソルダム)が最初に発売した正立方体のベアボーン「Pandora」もTualatin対応になり「Pandora Plus」として店頭に並びはじめた。マザーボードは「phrase」「Polo-T」と同じ、Shuttle製「FV24」を採用しており、リビジョンは3.1となっている。



Pandora Plus
新製品(左)と旧製品(右)のグランブルーメタリックを比較。新色は色が濃くなっているようだ

 その他の違いとしては、筐体カラーに「P102 SM」(シルバーメタリック)、「P112 BM」(ブラックメタリック)、「P162 WPM」(ホワイトパールマイカ)が加わった点。OVERTOPはシルバーメタリックのみ販売しており、価格は4万4800円。一方、TSUKUMO eX.ではホワイトパールマイカが明日入荷で4万4800円、それ以外は4万3800となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ