このページの本文へ

デル、『Precision WorkStation 530』にXeon-2.20GHz搭載モデルを追加

2002年01月11日 19時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は10日、インテルのXeon-2.20GHzを搭載した『Precision WorkStation 530』を発表した。同日付けで、法人営業部(TEL.044-556-6190)およびインターネット直販“オンライン・ストア”を通じて販売する。

Precision WorkStation 530
『Precision WorkStation 530』

『Precision WorkStation(プレシジョン・ワークステーション) 530』の最上位モデルとなり、最大512KBの2次キャッシュ/4GBのRDRAM、最大293.6GB(73.4GB×4)のSCSIハードディスクドライブ、64bitのPCIスロット、5種類のグラフィックスカードなどに対応する。

CPUにXeon-2.20GHz、860チップセット、512MB RDRAM、18.2GBのHDD(Ultra 160/SCSI)、グラフィックスカードに『NVIDIA “Quadro2 Pro”64MBビデオカード』、最大48倍速のCD-ROMドライブ、OSがWindows 2000という構成で33万500円(ディスプレーは別)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン