このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソニー、“バイオノートGR”と“バイオノートFX”の春モデルを発表

2002年01月11日 14時59分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は11日、“バイオノートGR”および“バイオノートFX”の春モデルを発表した。

バイオノートGRは、映像や音楽といったエンターテインメントを堪能できる高性能と、薄型/軽量による機動性、使いやすさを追求した操作性/拡張性を重視したバイオノートのフラグシップモデル。今回エントリーモデルを拡充し、『PCG-GR9F/P』、『PCG-GR7F』、『PCG-GR5F/BP』、『PCG-GR3F/BP』の4機種が用意されている。ユーザーからの要望に応え、最上位機種のPCG-GR9F/PはOSにWindows XP Professionalを採用、他の3機種は秋モデルに引き続きWindows XP Home Editionを搭載している。

バイオノートGR
バイオノートのフラグシップモデル“バイオノートGR”。写真は『PCG-GR9F/P』

PCG-GR9F/PおよびPCG-GR7Fは、CPUに拡張版インテルSpeedStepテクノロジー対応モバイルインテルPentium III-1.20GHz-Mを採用、512MBのメモリー(SDRAM)と、40GBのHDD(Ultra ATA/100)を搭載する。またPCG-GR9F/Pは15インチUXGA対応TFTカラー液晶ディスプレー(1600×1200ドット/1677万色)、PCG-GR7Fは15インチSXGA+対応TFTカラー液晶ディスプレー(1400×1050ドット/1677万色)をそれぞれ装備する。

PCG-GR5F/BPは、CPUに拡張版インテルSpeedStepテクノロジー対応モバイルインテルPentium III-1.13GHz-Mを採用、256MBのメモリー(SDRAM)と、40GBのHDD(Ultra ATA/100)を搭載し、14.1インチSXGA+対応TFTカラー液晶ディスプレー(1400×1050ドット/1677万色)を装備する。

PCG-GR3F/BPは、CPUに拡張版インテルSpeedStepテクノロジー対応モバイルインテルPentium III-1.00GHz-Mを採用、256MBのメモリー(SDRAM)と、40GBのHDD(Ultra ATA/100)を搭載し、14.1インチXGA対応TFTカラー液晶ディスプレー(1024×768ドット/1677万色)を装備する。

4機種とも、チップセットはIntel 830MPチップセットで、グラフィックスアクセラレーターはカナダのATIテクノロジーズ社製MOBILITY RADEON-D、ビデオメモリーは16MB(ビデオチップに内蔵)。CD-RW/DVD-ROM一体型ドライブ(CD-ROM/R読み込み24倍速、CD-RW読み込み12倍速、DVD-ROM読み込み8倍速、CD-R/RW書き込み8倍速)を備えている。

外部接続端子は、USB×3、外部ディスプレー出力、i.LINK(S400)、モデム用モジュラージャック、マイク入力、ステレオヘッドホン出力、プリンターポート、ネットワークコネクター(100BASE-TX/10BASE-T)、AV出力。マジックゲート対応メモリースティックスロットを装備する。

PCカードスロットはTypeIII×1またはTypeII×2(CardBus対応)。内蔵モデムは56kbps(V.90/K56flex対応)。ポインティングデバイスはインテリジェントタッチパッドとバックボタン付きセンタージョグ。

バッテリー駆動時間は、PCG-GR9F/P、PCG-GR7F、PCG-GR5F/BPの3機種が標準バッテリー1個搭載時で2~3時間、バッテリー2個搭載時で4~6時間。PCG-GR3F/BPが標準バッテリー1個搭載時で2.5~3.5時間、バッテリー2個搭載時で5~7時間。

本体サイズは、PCG-GR9F/PとPCG-GR7Fが幅325×奥行き269.5×高さ39.8mm、重量が3.3kg(バッテリー1個とCD-RW/DVD-ROM一体型ドライブ搭載時)。PCG-GR5F/BPとPCG-GR3F/BPが幅312×奥行き261.2×高さ36.7mm、重量が2.9kg(バッテリー1個とCD-RW/DVD-ROM一体型ドライブ搭載時)。なお、PCG-GR5F/BPとPCG-GR3F/BPは、Microsoft Office XP Personalをプレインストールする。

4機種とも26日発売で、価格はオープンプライス。編集部による予想小売価格は、PCG-GR9F/Pが30万円前後、PCG-GR7Fが28万円前後、PCG-GR5F/BPが23万円前後、PCG-GR3F/BPが20万円前後。

なお、ソニースタイルドットコム・ジャパン(株)が運営するECサイト“ソニースタイル”では、バイオノートGRのソニースタイルオリジナルモデルを用意する。

ソニースタイルオリジナルモデルはチューン可能。『PCG-GR90F/P』はWindows XP Professionalモデル、『PCG-GR90F』はWindows XP Home Editionモデルとなっている。CPUを拡張版SpeedStepテクノロジー対応モバイルPentium III-1.20GHz-M/1.00GHz-Mから選択可能、メモリーは256MB/512MB(SDRAM)、HDDは30GB/40GB(Ultra ATA/100)から選択できる。

ディスプレーは14.1インチXGA対応カラー液晶/14.1インチSXGA+対応TFTカラー液晶/15インチSXGA+対応TFTカラー液晶/15型UXGA対応カラー液晶から選択可能。Microsoft Office XPは、Personal/Professional/インストールなし、から選択できる。また、日本語配列キーボード/英字配列キーボードを選択可能。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン