このページの本文へ

マイクロソフト、オンラインプレゼンテーションコンテンツ作成ツール『Producer for PowerPoint 2002』を無償提供

2001年12月18日 17時19分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は18日、オンラインプレゼンテーションコンテンツを作成できる『Microsoft Producer for PowerPoint 2002』日本語版の無償提供を開始した。

Producerで作成したコンテンツ画面
『Microsoft Producer for PowerPoint 2002』で作成したプレゼンテーションコンテンツを再生した画面。Internet Explorerで再生可能

『Microsoft Producer for PowerPoint 2002』は、同社のプレゼンテーションソフト『Microsoft PowerPoint Version 2002』の拡張ツールとして提供されるもの。PowerPoint 2002で作成したスライドと、動画や音声等の素材データを取り込むことで、映像や音声とスライドを組み合わせたオンラインプレゼンテーションコンテンツを作成できる。動画や音声の再生機能などについては、ストリーミングの音楽/映像を配信するための技術“Windows Media Technologies”を採用している。

Producerを利用したオンラインプレゼンテーション作成手順は、“素材の取り込み”“編集/加工”“レイアウト/同期”“発行/保存”となっている。

まず、Producerを起動し、使用したい動画や音声、静止画、PowerPointのスライドといった素材データをインポートする。パソコン用カメラをパソコンに接続してその場で動画を撮影しキャプチャーすることも可能。利用できる素材データは、HTML、動画データ(WMV/ASF/AVI/MPEG-1/MPEG-2)、音声データ(WMA/ASF/WAV/MP3/AU/SND/ALF)、静止画データ(GIF/JPG/BMP/PNG/DIB/TIF/WMF/EMF)、およびPowerPointのプレゼンテーションスライドデータ。

Producer画面1
パソコン用カメラで撮影した映像をキャプチャーできる

素材を取り込んだら、画面上のタイムラインで編集作業を行なう。取り込んだ素材データをドラッグ&ドロップでタイムライン上の任意の場所に配置できる。静止画や動画にエフェクト(モザイクやフェードイン/アウトなど12種類)をかけることも可能。また、動画のシーン切り替え時にトランジション効果(ワイプなど44種類)を付加できる。なお、これらの動画編集機能は、オンラインプレゼンテーションを作成するための簡易的なものであるため、編集後に再度ビデオに書き出すことはできないという。

編集後、素材のレイアウトを行なう。あらかじめテンプレートが38種類用意されており、任意のテンプレートを選択して、そのテンプレート上に各素材データを配置するだけでレイアウト作業が行なえる。テンプレートはHTMLで作成されており、自分でカスタマイズすることも可能。その後、動画を見ながらスライドの切り替えタイミングをタイムラインで調整すればプレゼンテーションデータが完成する。

Producer画面2
レイアウトテンプレート選択画面

作成したプレゼンテーションデータは、ウェブサーバーにアップしたり、ネットワーク上やローカルディスク、CDに発行/保存できる。ローカルディスクに保存する際は、CD用の自動起動ファイルも同時作成される。また、ウェブ発行向けに帯域幅を指定することも可能。

『Microsoft Producer for PowerPoint 2002』の対応OSはWindows 2000/XPで、PowerPoint 2002が必要。また、Producerで作成したプレゼンテーションコンテンツを再生する場合は、OSがWindows 98/Me/2000/NT4.0/XPで、Windows Media Player 6.4以降、Internet Explorer 5.0以降が必要。なお、MacintoshやWindows CEでの再生はサポートしない。

『Microsoft Producer for PowerPoint 2002』は、本日より同社ウェブサイト上から無償ダウンロードが可能。また、CD-ROMでの提供(実費負担)も同時に行なうという。

同社は、Producerをビジネス向けコンテンツ作成ツールと位置付けており、Windows XPに搭載されているビデオ編集ツール『Windows Movie Maker 1.2』はコンシューマー向けソフトとして引き続き提供するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン