このページの本文へ

小学館とフリービット、“ゴルゴ13インターネットサービス”を開始

2001年12月13日 19時58分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)小学館は13日、(株)さいとう・プロダクションと(株)フリービット・ドットコムと共同で、まんがのキャラクターブランドのメールサービス事業を開始すると発表した。サービスの名称は“ゴルゴ13インターネットサービス”。利用料金は月額400円。初期登録料は500円(2002年3月末までは無料)。メールボックスの容量は2MB。

トップ画面
“ゴルゴ13インターネットサービス”トップ画面

『ゴルゴ13』は、1968年11月から小学館の雑誌『ビッグコミック』で連載を開始した劇画。今回のサービスは、作品の持つブランド力はファン層を生かしてビジネス展開するもので、サービスをメールに限定することで価格を引き下げたのが特徴。サービスの利用者には、“@golgo13.com”ドメインのメールアカウントが割り当てられ、パソコンやインターネット対応携帯電話(iモード、J-SKY、EZweb)からメールの内容を確認することができる。オプションとして、月額基本料が300円で、電話代込み3分10円の従量制インターネット接続サービスを提供する。なお、サービス開始を記念して、12月25日まで、会員向けに無料のクリスマスカード配信サービスを提供する予定。

ウェブからサービスを利用したイメージ
ウェブからサービスを利用したイメージ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン