このページの本文へ

マックストア、1Uサイズで容量640GBのNAS製品を発表

2001年12月11日 19時31分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本マックストア(株)は11日、都内で記者発表会を開催し、高さ1Uのラックマウント筐体で、480GBまたは640GBの容量を持つNAS(Network Attached Storage)製品『MaxAttach NAS 4300』の日本語版を発表した。12月末に出荷開始予定で、価格は未定ながら480GBモデルで100万円以下としている。

『MaxAttach NAS 4300』
『MaxAttach NAS 4300』

MaxAttach NAS 4300は、160/320GBの容量を持つ『MaxAttach NAS 4100』の上位モデル。120GBまたは160GBのUltra ATA/100インターフェースのHDD4台を筐体内に内蔵することで、全体として480/640GBの容量となっている。外部インターフェースは10/100BASE-TXポート×2、Gbit Ethernetポート(銅線)×1、Ultra 160 SCSIを標準で備える。CPUはPentium III-866MHz、384MBのSDRAMを搭載している。

日本マックストア、プロダクトマーケティングスペシャリストの伊藤祐紀氏
日本マックストア、プロダクトマーケティングスペシャリストの伊藤祐紀氏
MaxAttach NAS 4300の前面/背面パネル
MaxAttach NAS 4300の前面/背面パネル

OSには、米マイクロソフト社がアプライアンスサーバー製品向けに提供している『Microsoft Windows 2000 with the Server Appliance Kit 2.01』をベースとした『MaxAttach 2.1オペレーティングシステム』を搭載している。Windows 2000系のOSとしたことにより、Active Directoryのサポートや、サードパーティー製のネットワーク管理ツール、アンチウイルスソフトウェアのサポートなどWindows 2000 Server用製品との互換性を持つとしている。

MaxAttachはHDDのパフォーマンスを持ちながらテープストレージのコストで済むとしている
MaxAttachはHDDのパフォーマンスを持ちながらテープストレージのコストで済むとしている

ネットワーク転送プロトコルはTCP/IP、IPX、AppleTalk、ネットワークファイルプロトコルはAFS(Apple File Service)、HTTP1.1、Microsoft Networks(CIFS/SMB)、Novell NCP(NetWare Core Protocol)、NFS(Network File System v3)をサポートし、異機種感でのファイル共有が可能。そのほか、ソフトウェアによるRAID(0、1、5)、サーバーシステムのバックアップ/リストアユーティリティー『Persistent Storage Manager(PSM)』機能も備える。

PSMは、サーバーのディスクボリュームを“スナップショット”としてMaxAttach NAS 4300に定期的に記録し、サーバーの状態を任意のスナップショットの時点に戻すことができるというもの。MaxAttach NAS 43001台あたり、4つまでのボリュームに対応し、1つのボリュームについて最大250のスナップショットを保存できる。スナップショットはディスクボリュームの内容をファイル単位ではなく、ブロック単位で監視し、前回のスナップショットからの差分のみを記録していく仕組みという。

MaxAttach NAS 4300は12月末に出荷開始予定だが、価格は未定。MaxAttach NAS 4100は現在160MBモデルを49万6000円、320GBモデルを69万6000円で販売しているが、同社プロダクトマーケティングスペシャリストの伊藤祐紀氏は「NASは競合が参入しつつある分野。マックストアとしてはHDDメーカーであるメリットを生かし、NAS 4300ではアグレッシブな価格付けを行なう」とし、480GBモデルで100万円以下に抑えることを明らかにした。

米マックストア社が9月に発表した、NAS製品の最上位モデル『MaxAttach NAS 6000』。4Uの筐体で、最大容量は1.7TB。日本語版は2002年半ばに予定しているという
米マックストア社が9月に発表した、NAS製品の最上位モデル『MaxAttach NAS 6000』。4Uの筐体で、最大容量は1.7TB。日本語版は2002年半ばに予定しているという。写真は3台のNAS 6000を12インチのラックに収めたもの

また、NAS 4300に搭載している160GBのUltra ATA/100インターフェースのHDD(毎分5400回転)は、まだ一部に出荷を始めたばかりの新製品で、こうした新製品をすぐに採用できることも強みであるという。伊藤氏によると、1UサイズのNAS製品は、デルコンピュータ(株)や日本クアンタム ストレージ(株)などが発売しているが、最大で300~400GB程度であり、容量の面でも優位だとしている。

MaxAttach NAS 4300が採用する2.01に続き、間もなく管理者用ユーティリティーソフトをAdd-on-Packとしてリリースするほか、2002年第2四半期には3.0をリリーする予定としている
発表会ではマイクロソフト(株)の製品マーケティング本部Windows製品部エンベデッドグループの吉村透氏がServer Appliance Kitについて説明、MaxAttach NAS 4300が採用する2.01に続き、間もなく管理者用ユーティリティーソフトをAdd-on-Packとしてリリースするほか、2002年第2四半期には3.0をリリーする予定としている

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン