このページの本文へ

hi-ho、トレンドマイクロと提携し会員向けにウイルスチェックサービスを開始

2001年12月04日 19時49分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)とトレンドマイクロ(株)は4日、松下のインターネット総合サービス“Panasonic hi-ho”の会員向けに、hi-hoのメールサーバー上でウイルスチェックを行なうサービスを16日に開始すると発表した。利用料金は、月額300円。

このサービスは、hi-hoのメールサーバーで受信メールに対してウイルスチェックをかけ、メールに添付されたウイルスの検出および駆除を行なうというもの。インターネットサービスプロバイダー側でウイルスパターンファイルを更新するため、ユーザーは電子メールにおいては、最新のウイルス対策環境下でメールを受信することができる。なおhi-hoでは、2002年1月14日までに同サービスを申し込んだユーザーに対して、2002年2月15日までの利用料金を無料とする“メールウイルスチェック サービス開始記念キャンペーン”を実施する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン