このページの本文へ

NEC、専任のアドバイザーがパソコンの購入から活用まで支援するサービスを開始

2001年12月03日 16時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)(NECソリューションズ)は3日、専任のアドバイザーが1対1で電話・電子メール・対面・出張によりサポートを行なうサービス“121(ワン・トゥ・ワン)パーソナルアドバイザ・サービス”を2002年1月に開始すると発表した。

このサービスは、同社独自の教育と認定を受けた専任のアドバイザーが、ユーザーの経験や興味などを基にユーザーの要望や悩みを解決し、パソコンの活用スキルを向上させる学習プランの提案やサポートを有償で提供するもの。パソコンの購入相談から、セットアップ代行サービス、パソコン利用時のトラブルのサポートなど、サービス開始時に約40種類のサービスメニューを用意し、2002年度中には約100種類まで拡大する予定。

また、同社と提携し、パーソナルアドバイザ・サービスを提供するサービス拠点に対しては、アドバイザーの養成や集客支援を行なうという。同日付けで、NEC PCカレッジのパートナー校/ファミリースクウェア/キッズスクウェアのほか、パソコン関連サポート会社やパソコン教室などに対し、サービス拠点の経営者の募集を開始する。

なお、同社では、2002年度中に、全国200ヵ所にアドバイザーサービスの拠点を設置し、500名のアドバイザー、1万人の会員の獲得を見込んでいる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン