このページの本文へ

プリンストン、『Palm m500/m505』対応キーボードや、『CLIE』対応SYNCチャージャーなどを発売

2001年11月30日 19時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プリンストンテクノロジー(株)は30日、PDA用周辺機器“PDA for PDA”ブランドにおいて、パームコンピューティング(株)の『m500』『m505』、日本アイ・ビー・エム(株)の『WorkPad c505』に対応したキーボード『WingBoard(ウィングボード)』と、同製品とソニー(株)の『CLIE』に対応した『SYNCCHARGER(SYNCチャージャー)』2モデルを発売すると発表した。

『m500/m505』と『WorkPad c505』に対応した『WingBoard PDA-KBPM5』は、幅135×奥行き98×高さ24mm、重さは226g。対応OSはPalm OS 4.0 日本語版。価格は1万2800円。

『WingBoard』

『m500/m505』に対応した『SYNCCHARGER PDA-USCM5』と『CLIE』に対応した『SYNCCHARGER PDA-USCSC』は、本体サイズ(ケーブルは除外)が幅80×奥行き28×高さ11mm、重さは43g。

『SYNCチャージャー』

対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000、Mac OS 8.6から9.1。対応インターフェースはUSB1.1準拠のもの。価格は4500円で、12月上旬に発売する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン