このページの本文へ

ジョルダン、『乗換案内』最新版を発表――全世界のエアラインが検索可能に

2001年11月27日 14時54分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ジョルダン(株)は27日、国内鉄道/空路路線検索ソフト『乗換案内』の最新版となる『乗換案内(時刻表対応版+世界の全エアライン)』を30日に発売すると発表した。Windows版、Macintosh版、Windows CE版、Zaurus版が1パッケージに同梱されており、価格は1万3800円。

パッケージ
『乗換案内(時刻表対応版+世界の全エアライン)』のパッケージ

乗換案内は、ユーザーが出発地と到着地、日付、時間を指定することで、最適な経路/運賃を検索表示できるソフト。検索したい発着駅/到着駅を路線図から選択し、乗車する日時、発もしくは着時間を指定して検索すると、経路/運賃/所要時間/距離を最大4経路まで表示する。日本全国の各駅の時刻表を搭載しており、路線ごとに時刻表を参照することも可能。

今回発表された最新版は、全エアラインに対応し、世界中の空路情報が検索できる。従来版は、日本の空港離発着の直通便のみ検索が可能だったが、最新版では世界中の航空路線を発着地の制限なしにリアルタイムで検索することが可能となった。

世界のエアライン経路検索については、ガリレオジャパン(株)の総合旅行情報予約システム“アポロシステム”と連動することで実現している。アポロシステムは、世界中の航空路線の空席状況や運賃をリアルタイムで検索/確認できるシステム。

乗換案内の画面から出発空港と到着空港を選択し検索ボタンをクリックすると、ウェブブラウザーが自動的に起動しインターネット経由でアポロシステムに接続、発着時刻や便名、空席情報の検索結果を画面に表示する。検索結果の中から任意の便名を選択すると、その便の参考料金を検索表示する。単純な往復経路だけでなく、複数の空港を経由する場合の経路検索も可能。

エアライン検索画面
エアライン検索画面。エリアマップから出発地や目的地、日付などを指定して検索する
経路検索結果画面経路検索結果画面

対応OSは、Windows 95/98/Me/2000/NT4.0/XP、漢字Talk 7.5以降、Mac OS 7.6~9、Windows CE 2.11以上。ZaurusはMIシリーズに対応する(MI-10を除く)。同社は、「世界のエアラインに対応したことで、プライベートやビジネスなどさまざまなシーンで乗換案内の活用範囲が広がるだろう」としている。

また同社は、乗換案内で経路検索した後、その経路のチケットを予約できるようにしたいとしており、旅行代理店との連携を検討しているという。なお、同社は、ウェブサイトでも同様の経路検索サービスを提供しているが、「インターネットサービスに関しては、収益にならないという現状があるので、新機能はパッケージ版に先行搭載して提供する」(同社代表取締役の佐藤俊和氏)としている。

発表会出席者
右から、ガリレオジャパン取締役総支配人の青山良信氏、ジョルダン代表取締役の佐藤俊和氏、ジョルダン経営企画室室長の湯澤千克氏

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン