このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

フロントパネルのカラーリングが大胆なケース「NEXtec202」

2001年11月22日 23時58分更新

文● 池田公一

カラーは全4色でフロントパネルにはNEXtec202と刻まれている

 フロントパネルの中央部分で左右にレッドとシルバー、ブルーとシルバーに色分けされたケース「NEXtec202」がDOS/Vパラダイス2号店に入荷した。左右に色分けされた奇抜なデザインがこのケースの最大の特徴ではあるが、ケースのフロントパネルは毎日顔を合わせる部分だけに好き嫌いが分かれるところ。この大胆なカラーリングに違和感を感じる人にはシルバー、ホワイトの単色モデルも用意されているので、そちらが無難な選択だ。ドライブ部分とサイドパネルは全モデル黒で統一されている。



ケースのサイドパネルは全モデル共通の黒で統一されている
フロントパネル横にUSBポートがあり、利用しないときは扉を閉めておくこともできる
ケース背面にはUSBケーブルの引き回し用と思われる円い穴があけてある
取っ手部分を持ち上げながら横に倒すと簡単に拡張カードのロックを外すことができる

 ベイの数は5インチが3つ、FDD用の3.5インチが1つ、3.5インチシャドウベイが3つ。定番となっているUSBの前面への引き回しはフロントパネルのすぐ横にUSBポートが用意され、背面にはUSBケーブルを引き出すためと思われる円い穴が空いており、そこから背面のUSBポートにケーブルを引き回す仕組みになっている。拡張カードの固定はネジを使わずに金具で一括して固定しているので拡張カードの入れ替えもドライバーレスで簡単に行うことができる。前面と背面に8cmファンをそれぞれ1つずつ取り付けるスペースがあるがファンは付属しない。電源は320wでATX12VコネクタとAUXコネクタが付いているのでPentium 4にも対応可能だ。価格はレッド/シルバー、ブルー/シルバー、シルバー、ホワイトの4種類とも1万2800円。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ