このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

エントリーサーバの攻防

2001年11月20日 14時48分更新

文● 渡邉 利和(toshi-w@tt.rim.or.jp)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エントリーサーバと呼ばれる市場は、現在のところほぼIAサーバに席巻されつつある。なんと言っても価格が安く、処理性能もかなりのレベルに到達しているため、多くのユーザーにとっては実用的で魅力的な選択肢である。また、対応OSが幅広く、WindowsからLinuxやFreeBSD、Solarisまでも利用可能である。IAサーバは、現状では商用UNIXサーバと棲み分けができているように見えるが、「市場が違う」と無視し続けることが可能だとは思えない。全面的に競合する可能性を考えて、対抗可能な製品を用意する必要があるのではないだろうか。

Sunはこのほど、エントリーレベルサーバの最上位機種に当たる「Sun Fire V880」の販売を開始した。全体のラインナップの中での位置づけから言うと、おおよそ中間辺りになるだろう。とりあえず、UltraSPARC III搭載のSun Fireシリーズでみれば、ローエンドが4Uラックマウントで2CPUの280R(186万6000円~)、ハイエンドが最大106CPUの15K(16CPU、16GBメモリで2億8236万9000円~)というラインナップである。V880は、CPUは最大8個、メモリは1CPUあたり最大4GBで計32GB、価格は2CPU、4GBメモリの構成で548万円からとなる。15Kがちょっと飛び抜けた存在のため、イメージとしては中間といっても実質下から1/3あたりに位置する、と言うべきだろうか。

実は筆者が最初にリリースを眺めたとき、価格を一桁勘違いし、54万8000円だと思いこんだため、一瞬IAサーバ対抗かと誤解したのだが、改めて見直してみて勘違いに気づき、がっかりするやら驚くやらであった。IAサーバを見慣れた目からは、500万円以上もするサーバを「ローエンド」と呼ぶ気にはなれない。おおよそトップエンドの価格帯だと言える。ハードウェアの構成も違うので直接比較するのはあまり意味がないのだが、たとえば、Pentium III Xeonの700MHz(2MBキャッシュ)を4個搭載(最大8CPU)したCompaqのProLiant DL760が596万円でおおよそ同等の価格であることが参考になるかもしれない。当然、問題はコストパフォーマンスなのだが、単純に価格だけを数値として比較すれば、SPARCサーバのローエンドはIAサーバのハイエンドと同程度、ということになるわけだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ