このページの本文へ

Colorio PM-950C

Colorio PM-950C

2001年11月16日 17時27分更新

文● アスキーPC Explorer編集部・行正 和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Colorio PM-950C

エプソン販売

5万9800円

“業界最高画質”をうたうエプソンの2001年末の最上位モデルが「Colorio PM-950C」だ。印刷解像度は2880×1440dpiと、従来機「同 PM-920C」(1440×720dpi)の4倍になり、画質をさらに向上させているのが最大の特徴だ。

業界最高水準の画質を誇るどキレイプリンタ

PM-950Cのサイドビュー
PM-950Cのサイドビュー。標準付属のロール紙ホルダとカット紙フィーダと同時装着したところ。上部の丸みを帯びた黒い部分が半透明素材となっている。
 PM-950Cは、最小2plのインクドロップやダークイエローを含む7色インク、ロール紙への印刷や四辺ふちなし印刷、CD-R/RWメディアへ直接印刷といった機能は従来機と同様だが、それぞれの機能も細かく向上している。



PM-950Cのインクタンク
PM-950Cのインクタンク。全色独立インクタンクとなり、任意の色の未交換可能なほか、DYに代わりにBkを装着することもできる。
 従来、エプソンでは黒以外のカラーインクは6色一体型インクタンクを用いていたが、本機では全色独立インクタンクを採用し、無くなったインクタンクのみを交換可能になった。インクは各色1200円なのでカラー6色では計7200円、PM-920Cの6色一体型タンクの1800円に比べるとかなり高くなる(インク容量は各色とも2倍になっている)。とはいえ、青空や人肌のアップなど大きく色の偏りがある画像を連続して印刷する場合はトータルコスト面で有利になるだろう。

 さらに、ダークイエローインクを黒インクに交換することで、カラー印刷の画質は若干低下するもののモノクロテキストなどの印刷を高速に行う機能も備える。ただし、インク交換の際にはインク経路をクリーニングするためにインクをしばらく噴射し、特に黒からイエローに変更した場合にはダークイエローインク総量の数%を消費する。あまり頻繁に交換するのはお勧めできない。



PM-950Cにオートカッターと排紙用ホルダを装着したところ。ハガキなりL判の印刷結果が布製のホルダに自動的に溜まる仕組みは面白い。

 おなじみのロール紙への印刷でも、排紙部にオートカッター(オプション:5000円)を装着すれば、1枚印刷するごとに用紙がカットされ、連続印刷した場合でもあとで用紙を切る手間が要らなくなる。オートカッターは本体前面の排紙部に装着するもので、L判やハガキサイズ、A4といった用紙1枚ぶんのロール紙が排紙されると自動的に切り落とすことができる。本体前面の排紙トレイ部に装着する用紙受けも付属するため、印刷済みの用紙が布製のホルダにたまるようになっているのも面白いアイデアだ。

 さらに、CD-R/RWメディアへの印刷も、従来機ではメディアをセットしたトレイを本体背面から給紙(フィード)して前面に排出していたのに対し、前面からセットできるようになった。



PM-950C印刷サンプル
【PM-950C印刷サンプル】印刷サイズは写真画像部分が82×112mm、フラットベッドスキャナにて300dpiでスキャンしたもの。掲載用にリサイズしている。
 画質に関しては申し分なく、発色の鮮やかさではインクジェットプリンタの中でも最高だろう。ただし、インクドロップが微小化したもののヘッド構成(ノズル数)は従来機から変更がなく、駆動部の改善などで速度の向上が図られているものの、最高画質における印刷速度は従来機と比べて80%程度に低下している。最高画質では高速化が進む他社製品に比べると印刷速度はかなり遅い。気の短い人や、仕事に使うなど時間的余裕が少ない用途にはお勧めできないが、“最高画質のためならば時間がかかるのはやむを得ない”と納得できる人ならば間違いなくお勧めの製品ではある。



PM-950C印刷サンプル
【PM-950C印刷サンプル】スキャンした画像データを640×480ドットにトリミングしたもの。
作例モデル:渡辺まい。アーデニー・エンタテインメント所属。19歳。身長158cm、スリーサイズB92、W56、H88cm。「ドコアル」サイト(http://docoal.com/)で「アイドル日記」配信中。
印刷速度比較の結果
文書
(Microsoft Word 10ページ普通紙)
推奨/はやい3分11秒
詳細/エコノミー3分10秒
画像
(Adobe Photoshop ハガキサイズ/PM写真用紙)
推奨/きれい1分24秒
Colorio PM-950Cの主なスペック
解像度 2880×1440dpi
インク構成 Bk、C、M、Y、LC、LM、DY
ノズル構成 Bk:96ノズル(DY→Bkのインク交換時は192ノズル)+カラー96ノズル×6色
ヘッド構成 ノズル固定、全色独立インクタンク
インターフェイス USB、パラレル
本体サイズ 515(W)×333(D)×209(H)mm
重量 約7.4kg

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン