このページの本文へ

富士フイルム、新型カメラのイメージキャラクターに米倉涼子を起用!

2001年11月06日 23時29分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士写真フイルム(株)は6日、APSコンパクトカメラ『nexia』シリーズの新ラインナップとして『nexia Q1』を10日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、編集部による予想小売価格は5000円前後。

米倉涼子Q1ポーズ
若い女性をターゲットにしたAPSコンパクトカメラ『nexia Q1』のイメージキャラクターに起用された米倉涼子さん

『nexia Q1』は、若い女性をメインターゲットとしたAPSコンパクトカメラ。“ファッショナブルで小さく、簡単にきれいな写真を撮れるカメラ”をコンセプトに開発され、ファッショナブルで斬新なデザインが特徴となっている。また、初心者でも容易に操作できるようオートフォーカス形式で、ストロボも自動発光する。

Q13モデル
『nexia Q1』。右から、ブルーメタリックモデル、シルバーモデル、パープルメタリックモデル

本体サイズは幅75×奥行き34×高さ96mm、重量は120gと女性でも持ち運びが容易な小型/軽量カメラに仕上がっている。本体カラーは“シルバー”“ブルーメタリック”“パープルメタリック”の3種類で、首からぶら下げることが可能なビルトインタイプのストラップが付属する。

レンズはフジノンレンズ(f=22mm、F1:8、2群2枚構成)を採用し、ファインダーは逆ガリレイ式ファインダー0.34倍。使用フィルムはIX240カートリッジフィルム。画面サイズは16.7×30.2mmで、プリントサイズをC(標準)/H(ハイビジョン)で切り替え可能。

ストロボは低輝度自動発光フラッシュ(充電時間約6秒)で、赤目軽減機能を搭載する。撮影距離はISO 100使用時で0.6~2m、ISO 200使用時で0.6~3m、ISO 400使用時で0.6~4m、ISO 800使用時で0.9~2m。シャッターは電子シャッター(1/100秒)。また、液晶LCDカウンターを装備する。電源はリチウム電池CR-2×1本。

また同社は、東京ブラウス(株)と協力し、東京ブラウスが展開するお嬢様ファッションブランド“クレイサス”とのコラボレーションモデル『nexia Q1 クレイサスモデル』を、22日より全国のクレイサスブティックで発売する。

『nexia Q1 クレイサスモデル』は、本体にクレイサスのロゴが入っており、本体カラーはピンク。クレイサスのポーチとセットで販売される。本体仕様は『nexia Q1』と同じ。3000台の限定販売となる。

クレイサスモデル
『nexia Q1 クレイサスモデル』。専用ポーチが付属する

本日行なわれた発表会で、同社の今井祐取締役専務執行役員は、「開発コンセプトは若い女性が人に見せたくなる、持ち歩きたくなる、写真を撮りたくなるカメラ。『nexia Q1』の開発にあたって若い女性を中心に意識調査を行なっところ、若い女性がカメラに求めるのはファッション性、携帯性、操作性だった。この3点を重視し、特にファッション性を最重要項目として開発した。発売当初は3色だが、ユーザーの要望によりさまざまなカラーモデルを揃えることが可能だ」としている。

『nexia Q1』は、今回の国内発売に先立ち、ロンドンで10月上旬に、パリで10月下旬に先行発売された。現時点の出荷数は15万台。「海外では大変好評でバックオーダーを抱えている。国内でも前評判が高く、生産が追いつかない状態だ。国内での初年度の出荷数は30万台が目標」(今井氏)という。

また同社は、『nexia Q1』のイメージキャラクターに女優の米倉涼子さんを起用、駅貼りポスターやファッション誌の広告などを中心にプロモーション展開を行なう。

米倉涼子バストショット1
発表会場に颯爽と現われた米倉さん。『nexia Q1』を手に「ホントに軽いの! それにフィルムの出し入れがカンタン!」
米倉涼子バストショット2
どのカラーモデルが好きかとの問いには「限定販売という言葉に弱いんだけど(笑)、普段使うとしたらシルバーかなあ」(米倉さん)
米倉涼子全身今日の衣装のポイントは?「『nexia Q1』が映えるようにカラーコーディネートしました」(米倉さん)
2002年春夏コレクション1発表会はファッションショー形式で行なわれた。クレイサスの2002年春夏コレクションとともにお楽しみください
2002年春夏コレクション2クレイサス春夏コレクション&『nexia Q1』その2
2002年春夏コレクション2クレイサス春夏コレクション&『nexia Q1』その3

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン