このページの本文へ

米Microsoft、「LinuxからWindowsへの移行ガイド」を発表──閲覧には「Windows Media Player」が必要です

2001年11月02日 19時44分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米Microsoftの技術者向けWebサイト「TechNet」では、「Microsoft Virtual Conference - Linux to Windows Migration Guide」として、Linuxベースの「eコマース」サイトをWindows 2000とIISサーバをベースとしたシステムに置き換える方法やその実例を紹介している。

このガイドは、静的なWebコンテンツをApacheからIISに移行する方法や、PerlやPHPなどのスクリプトをWindows 2000マシンにポーティングする方法などが紹介されたビデオプレゼンテーションや、移行のために必要な技術情報のホワイトペーパー、事例紹介などで構成されている。CD-ROM版も14.95ドルで販売されている。日本の「TechNet」では、このパッケージに含まれるホワイトペーパーや事例紹介の日本語訳を入手することができる。

米OSDNのニュースサイトの1つである「NewsForge」に掲載された記事によると、米Microsoftは英国で行なわれた「Webmasters 2001 Exposition」というイベントで、「.NET」関連製品とともにこのようなガイドを提供する予定を発表していたが、結局とりやめたようだという。


ちなみに、このガイドには「Windows Media Player」で再生するビデオが含まれている。ということで、ユーザーはまず、「Windows Media Player」を利用できる環境を作りから移行を始めたほうがよさそうだ。

カテゴリートップへ

ピックアップ