このページの本文へ

ECSからもP4X266マザーボードが2製品!ひとつはSocket423でSDRAM対応

2001年10月20日 00時00分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
P4VXAD

 以前、コムサテライト3号店で展示されていたECSのApollo P4X266チップセット搭載マザーボード「P4VXAD」が発売された。MicroATX版の「P4VXMD」はとりあえず後回しとなっている。
 



V845PRO?
「P4VXAS」のマニュアル。“V845PRO”とは一体?

 Socket478搭載のP4VXMDはAGP×1、PCI×5、CNR×1という拡張スロット、4ピンATX12Vコネクタがないなど、展示されていたものと仕様は変わらないようだ。



両製品のNorthBridgeについているヒートシンクをはがしてみるとP4X266の刻印があった

 しかし、気になるのは同時発売となっている「P4VXAS」という製品だ。マニュアルを確認してみると、P4VXMDと同じくNorthBridge“VT8753”とSouthBridge“VT8233”といったP4X266の組み合わせなのだが、わざわざ“V845PRO”である表記がなされているのだ。しかも、基板に目を移してみると、従来製品のDDR SDRAMではなくSDRAMソケットが搭載されている点、Socket423になっている点が目をひく。もともとP4X266はSDRAMにも対応しているチップなので、このような製品が存在する可能性はある。試しにチップのヒートシンクをはがしてみたが、そこにはP4X266というお馴染みの刻印があった。「もしかしたらメーカー独自の表記なんでしょうか?」とショップも首をかしけるが、依然詳細は不明だ。この刻印通りであれば、P4VXASはSocket423とSDRAMソケットを搭載したはじめてのP4X266マザーということになる。



V845PRO?
こちらは「P4VXAD」のマニュアル。ちゃんと“P4X266”と記載されている
お買い得?

 20日から販売していたのはDOS/Vパラダイス秋葉原3号店 Let'sで、価格はP4VXADが1万4980円、P4VXASが1万1800円。さすがはECSという価格だが、P4VXASの安さはある意味納得であろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ