このページの本文へ

テンアートニ、ポケットPC用Linuxキット『Melon』を発表

2001年10月18日 16時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)テンアートニは18日、コンパックコンピュータ(株)のPDA『Compaq iPAQ Pocket PC 3630/3660』でLinux環境を利用できるLinuxキット『Melon』を発表した。11月1日に販売を開始し、11月20日に出荷を予定している。販売はウェブによる直販で、価格は9800円。

『Melon』の画面(GUIは式神)『Melon』の画面(GUIは式神)

『Melon(メロン)』は、“Familiar Project”のLinuxディストリビューション『Familiar 0.4.1』をベースに、PDA向けLinux関連ソフトウェアを同社のEmbedded Systems事業部がインテグレートしたもの。GUI環境として(株)アックスの『式神』を搭載する。64MBのCFカードで提供され、iPAQに装着するだけで、フラッシュメモリ上のPocket PCを書き換えずにLinuxを起動できるのが特徴。なお、ブートローダーには『CyaCE-YACH』(Nicolas Bacca氏作)、ROMモニターには『RedBoot』(レッドハット)を利用する。

シェル(bash)の画面シェル(bash)の画面

また、同日付けで専用の“Melon Webサイト”を仮オープンした。正式開設は販売を開始する11月1日。サイトでは最新情報や開発環境の紹介、パッチなどの情報を提供するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン