このページの本文へ

日立、A3カラーページプリンター『BEAMSTAR-4700』を発売

2001年10月17日 22時07分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所は17日、カラーレーザープリンター“BEAMSTAR”シリーズに、A3対応の『BEAMSTAR-4700』を追加し、11月30日に出荷を開始すると発表した。価格は59万8000円。併せて、PostScript 3対応の『BEAMSTAR-PriusLaser3500』と『同2500』の2機種の出荷を12月1日に開始すると発表した。価格は3500が59万8000円、2500が39万8000円。

『BEAMSTAR-4700』『BEAMSTAR-4700』

『BEAMSTAR-4700』(PC-PK4700N)は、1工程で印刷できる“LED4連タンデム方式”を採用したデスクトップタイプのカラーレーザープリンター。解像度は600×600dpiでスムージングにより600×9600dpiに対応。最大印刷サイズはA3で、A4サイズでは毎分29枚連続印刷できる(カラー/モノクロ)。搭載メモリーは64MB。インターフェースは双方向パラレル(IEEE1284)と10/100BASE-TX(IPX/SPX、TCP/IP)。ページ記述言語はESC/P、ESC/Page、201Hと拡張コマンド。内蔵フォントは、平成明朝体、平成角ゴシック体、欧文フォント(14書体)、ANK、OCR-B。消費電力は最大1200W(スリープ時約25W)。電源はAC100V。本体サイズは幅695×奥行き655×高さ497mm、重量は約82kg。対応OSはWindows 95/98/Me/NT 4.0(x86のみ)/2000。

『BEAMSTAR-PriusLaser3500』(PC-PK3500N)は、アドビシステムズ社の純正PostScript 3を搭載しA3ノビまでの印刷が可能なレーザープリンター。解像度は最大1200dpi×600dpi。内蔵フォントは平成明朝体と平成ゴシック体、欧文フォント136書体。印刷速度はA4の場合、カラーが毎分6枚、モノクロでは毎分24枚。メモリーは標準で64MBを搭載する。インターフェースは双方向パラレル(IEEE1284)と10/100BASE-TX(NetWare、TCP/IP、EatherTalk)。ネットワーク経由でプリンターの状況を確認できるソフトウェア『ネットワークステータスモニタ』を同梱する。消費電力は最大1350W。電源はAC100V。本体サイズは幅615×奥行き540×高さ420mm、重量は約54kg。対応OSは、Windows 95/98/Me/NT 4.0(x86のみ)/2000、UNIX、Mac OS 8.1~9.x。

『BEAMSTAR-PriusLaser2500』 (PC-PK2500N)は、PostScript 3を搭載しA4印刷まで可能なレーザープリンター。解像度やA4サイズでの印刷速度、内蔵フォント、インターフェースなどは3500と同等。消費電力は最大1300W。電源はAC100V。本体サイズは幅500×奥行き520×高さ410mm、重量は約39kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン