このページの本文へ

MIPS、宇宙開発事業団に64bitコアをライセンス――宇宙用耐放射線性マイクロプロセッサーを開発

2001年10月12日 23時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米ミップス・テクノロジーズ社(MIPS Technologies)は12日、日本の宇宙開発事業団(NASDA)が組み込み用の“MIPS64 5Kf プロセッサ・コア”のライセンスを取得したと発表した。これにより、NASDAは、耐放射線性強化技術と、5Kfコア浮動小数点ユニットを持つMIPSの64bitシンセサイザブルコアを基に、宇宙用耐放射線性マイクロプロセッサーを開発する。当初は、次世代NASDA衛星用に、姿勢制御や全地球的測位、画像圧縮などを行なうためのプロセッサーを設計するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン