このページの本文へ

電池問題解消! 充電式の光学式コードレスマウスが東京ニーズから発売!

2001年10月11日 22時17分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
TN-20RFO

 東京ニーズから、光学式コードレスマウス「TN-20RFO」が登場した。光学式とコードレスの組み合わせとしてはロジクールの「Cordless Mouseman Optical」などがあるが、こちらは充電式であるのが特徴だ。



TN-20RFO

 ロジクールの「Cordless Mouseman Optical」は光学式ゆえの電池の持ちの悪さを省電力化で克服した製品だったが、こちらは電池を充電池として、使わない間充電器にセットして充電しておくことで解決した製品というわけだ。
 ボタン数は右/左/ホイールに加え左右両サイドに1つずつの計5ボタン。使用する電池は単4型ニッケル水素2個で、一般のコードレスマウスと同じく本体裏の蓋を開けて交換することができる。充電器は携帯電話の充電器と似たスタンド式で、同時に受信機も兼ねている。インターフェイスはUSBだが、同梱の変換アダプタによりPS/2にも対応する。充電する際の電源はこれも同梱のACアダプタによる供給となり、フル充電に要する時間は8時間、連続使用可能時間も8時間となっている。



G-MAX MA5

 価格はネットワークセンター秋葉原店で6980円。店頭にあったのは色がシルバーとブルーの「TN-20RFOSB」のみだが、このほかシルバーの「TN-20RFOS」、シルバーとグレーの「TN-20RFOSG」もラインナップされており、こちらもほどなくアキバに登場するものと思われる。
 ちなみに光学式コードレスマウスとしては、このほかマイクロソフトの「Wireless IntelliMouse Explorer」が26日発売予定となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ