このページの本文へ

GigabyteのミニタワーベアボーンにPentium 4対応版が登場!

2001年10月09日 22時59分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
G-MAX MA5

 スタイリッシュな青と白のツートーンカラーでお馴染みの、GigabyteのベアボーンPC「G-MAX」。ミニタワー版「MA」ブックサイズ版「FA」の2種類でアキバを席巻中のこのシリーズに、ミニタワーのPentium 4対応版「MA5UB」が登場した。



G-MAX MA5

 ケース本体は5インチ×2、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×2というベイ数を含めこれまでと同じもので、マザーボードがi845チップセットの同社製最新鋭マザーボード「GA-8IDML」となっているのが変更点。Socket478対応、拡張スロットはAGP×1、PCI×3。DIMMスロットは3本。Creative製サウンドチップ「CT5880」とRealtek製10/100Base-TX対応ネットワークコントローラ「RTL8100L」をオンボードで搭載している。



G-MAX MA5

 価格はZOA 秋葉原本店で3万4800円と、Pentium III系のベアボーンPCとさほど変わらない価格となっている。手軽にPentium 4環境を構築できるベースとして注目の製品といえよう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ