このページの本文へ

RADEON 7500搭載ビデオカードがアキバで販売開始!価格は2万5000円弱

2001年10月07日 20時26分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月5日の記事で入荷を予告していた「RADEON 7500」ビデオチップを搭載したビデオカードがアキバで販売開始となった。ATI Technologies純正品のバルク版だ。

RADEON 7500
「RADEON 7500」。9月の発表会で展示されていたカードとほぼ同じボードレイアウトだ

 RADEON 7500は従来製品「RADEON 64MB DDR」の後継にあたるビデオカードで、RADEON 64MB DDRのクロックアップ版といえる製品だ。ビデオチップの製造プロセスを従来の0.18μmから0.15μmへとシュリンクすることでコアクロックを290MHzへ引き上げ、またVRAMも230MHz(DDR 460MHz)のDDR SDRAMへと換装。これはコア184MHz/メモリ200MHz(DDR 400MHz)の最新版RADEON 64MB DDRと比べ、コアクロックで約158%、メモリクロックで115%の高速化がなされている計算だ。ピクセルフィルレートは580Mピクセル/秒でテクセルフィルレートは1.74Gテクセル/秒。毎秒5000万トライアングルのポリゴン処理能力を持つ製品である。



PowerStripの結果
高速電脳の協力で、EnTech Taiwan製のTweakユーティリティ「PowerStrip」にてコア/メモリ速度を計測した。写真がその結果。コア290MHz、メモリ230MHzで動作している。なお、システムは同製品を「RADEON 7500 DDR」として認識していた
M13L64164A-4T

 64MB搭載するメモリは最高250MHzまで対応するESMT製の「M13L64164A-4T」。カード上にはD-Sub15ピン端子のほか、DVI出力端子とSビデオ出力端子を装備する。Akiba2GO!が独自に入手した資料によると、DVI出力時には165MHz駆動のチップ内蔵TMDSトランスミッタにより、最高1600×1200ドットのDVI-I出力が可能なようだ。また、内蔵する2つのRAMDACはともに350MHzで動作し、デュアルディスプレイ出力をサポートする。


ブラケット部に並ぶ出力端子(左)。バルク版にはドライバ&ソフトウェアDVDプレーヤの入ったCD-ROMとSケーブルが付属する(右)
出力端子付属品
裏面

 注意が必要なのは、DirectX8.1に完全対応する初のビデオチップ/カードとして注目を集める「RADEON 8500」とはアーキテクチャが異なること。ハードウェアT&Lエンジン「Charisma Engine」など、基本的な性能はRADEONファミリのものを継承しており、DirectX8シリーズの機能である「Vertex Shader」などには対応していない。


カード裏面に貼られているシール(左)と各種シルク印刷(右)
P/Nシルク印刷
入荷報告
成田空港に到着したときから、入荷までをリアルタイムに告知するショップもあった

 ATIテクノロジーズジャパンの発表では、日本語リテール品の価格が2万円台前半になるとのことで、また一部ショップではリテール品の予価を1万円台後半としているところがあったが、初物ということもあり、今回の製品はリテール品の予価よりも高い。実際、仕入れ値もかなり高かったようで、一部には「価格の折り合いがつかない」という理由で入荷を取りやめたショップも確認できた。性能面ではライバルと目されるNvidia製「GeForce2 Ti」と互角以上の勝負をするものと期待できるだけに、流通量の増加による価格の下落に期待したいところである。
 なお気になるリテール品だが、情報が錯綜しておりはっきりと「○日登場」とは断言できない。ただそれほど遠い将来ではないようで「早ければ今週中にも登場する可能性はある」(複数ショップ)とのこと。また、ASKセレクトなどサードパーティ製品も、近日中にいくつか入荷するもよう。一方、新型RADEONシリーズのフラグシップであるRADEON 8500についてはRockValleyが今週末入荷予定として予約を受け付けている一方で、入荷は早くても20日以降とするショップもあり、まだなんとも言えないというのが実情のようだ。


7日現在の価格情報
価格ショップ
\23,800高速電脳
\24,380RockValley
(表示価格から、サイコロ2つの出目合計×100円分値引き)
\24,780コムサテライト3号店
\24,800クレバリー1号店
パソコンハウス東映
WonderCity
USER'S SIDE本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ