このページの本文へ

アクトンから無線LANカードが!プラネックスの「BRL-04A」も1万円以下に急速下落?

2001年09月22日 00時00分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ToiletPC

 編集部では9月13日に無線LAN関連機器に関する実売価格調査を実施。そのなかでPCMCIAカードの調査も実施したが、今回新たに新製品が発売になっている。アクトン製の「WN3301」がそれで、ブロードバンドルータ「SMC7004ABR」に対応する。64bit/128bitWEPの暗号化、アクセスポイントを利用するインフラストラクチャモード、無線LANカードのみで通信するAdHocモードを搭載。チャンネル数は14だ。伝送距離は屋内で35~100m、屋外で100~300mとなっている。価格はネットワークセンター秋葉原店で1万3800円。



ToiletPC

 なお同店ではプラネックスのブロードバンドルータ「BRL-04A」を9980円で販売開始。「価格改定の連絡があったので値下げしたもので、土日特価ではない」とのことだが、編集部が調査した限りでは量販店を含め他のショップの値はまだ動いておらず、1万5000円前後の価格設定となったままだった。すでにメルコの「BLR-TX4」が、スループットを上げた「BLR2-TX4」の販売開始の影響で1万円を切っており、前述の情報が本当であるならば、旧モデルは価格競争激化で値崩れの傾向が強くなってきたといえるだろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ