このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

MI-E21

MI-E21

2001年09月19日 18時38分更新

文● 佐久間

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デジタルカメラカード CE-AG06の実力

撮影サンプル1
MI-E21にデジタルカメラカードを装着して撮影したサンプル。MI-E21でPC形式(JPEG)に変換・保存したが、Exifではなく撮影情報は付加されない。解像度は480×640ドット(以下同)。
 MI-E21は、従来のZaurus用の豊富なオプションも利用できる。「デジタルカメラカード CE-AG06」は、「パワーザウルス MI-C1」用オプションとしてリリースされたCF TypeII型のデジタルカメラで、有効31万(総35万)画素1/4インチCMOSセンサと単焦点(35mmフィルムカメラ換算:40mm相当)レンズを搭載する。レンズ部が回転するため、MI-E21を縦や横に持って利用できるほか、MI-E21の液晶画面に表示されるモニタ画像を見ながら風景を撮ったり、レンズを手前に回して自分撮りもできる。レンズ周囲のベゼルがフォーカスリングになっており、接写では約6cmまで近寄れる。

撮影サンプル2
レンズ部のフォーカスリングを回すため、ピント合わせはやや手間だが、ピタリ合うとこんな写真も撮れる。
 MI-E21でカメラを利用した場合、液晶のモニタ表示が非常にスムーズなので構図決めなどは便利だ。撮影ソフト上では画像サイズや露出制御などの簡単な設定のみが可能だが、おもしろい機能としては、640×480ドットの撮影画面を4/16/64分割して連写(個々の画像は分割した分だけ小さくなる)する機能も装備されている。
 とはいえ、最近のデジタルカメラの液晶モニタに比べるとMI-E21の液晶バックライトの輝度は低めで、明るいところ以外での画像視認性は低いのは難点だ。

撮影サンプル3
CMOSセンサ特有の、明るい部分の白抜け(トビ)はあるものの青空と草の緑のコントラストがなかなか綺麗に表現されている。
 画像に関しては、31万画素ということもあって1/4VGA(320×240ドット、MI-E21などのフル画面表示)での撮影結果は“それなりに見える”絵となっているが、640×480ドットで保存した撮影結果は拡大・補間した画像という印象が強い。CMOS特有のラチチュードの狭さから、直射日光下などコントラストの強い状況では白とびしやすい傾向にある。ただ、フォーカスがマニュアル調整できるので、撮影時にピントを合わせる作業が煩雑ではあるが、パンフォーカスのトイデジカメと比べて焦点が被写体にビシッと決まった絵が撮れたときはなかなか気持ちよい。



撮影サンプル4こちらのサンプルも明るい空はトビ気味だが、レンズ周縁部のゆがみは感じられず、暗い部分はつぶれず精細に表現されている。

 MI-E21はMI-E1の上位モデルという位置付けで、店頭での実売価格は5万円台後半。値頃感の高まったMI-E1より1万5000円~2万円近く高めになっている。モバイルビデオという新たな可能性を広げるMI-E21は、メール&Webブラウズだけじゃ物足りにない“欲求の多い現代人”にひとつの回答となるだろう。

MI-E21の基本スペック
機種名 MI-E21
価格 オープンプライス(実売価格5万円台後半)
CPU 32bit RISC(動作クロックは非公開)
メモリ 32MB(DRAM 16MB+フラッシュメモリ 16MB、ユーザーエリア 15MB、初期出荷状態 約9.2MB空き)
表示 3.5インチ反射型カラーTFT液晶240×320ドット/6万色
インターフェイス CFカード(TypeII)、SDカード(CFメモリカードとの併用は不可)、オプションポート16(シリアル端子)、IrDA(最大115kbps、通信可能距離約15cm)、ヘッドフォン端子(ステレオ、スピーカは内蔵せず)、ACアダプタ
付属品 リチウムイオン充電池、ACアダプタ、液晶保護カバー、タッチペン(88mm、直径5mm:編集部実測)、CD-ROM(MOREソフト、ほか)
主な機能 PIM機能(アドレス帳、スケジュール、フォトメモリー、時計、電卓など)、カード録画、カード録音、ダイヤラー、ムービープレーヤー(Nancy&MPEG4)、ミュージックプレーヤー(MP3)、インターネットメール、インターネットブラウザ、ブンコビューア、マンガビューア、MOREソフト管理
電源 リチウムイオン充電池(カレンダのみ連続表示 約11時間、P-in m@sterでの連続データ送受信 約2時間20分)
サイズ 74(W)×138(D)×17(H)mm(カバーなし)~20mm(カバーあり)※スライド式キーボードを閉じた状態
74(W)×170.5(D)×17~20(H)mm※スライド式キーボードを開いた状態(編集部実測値)
重量 約188(カバーなし)~206g(カバーあり)※バッテリ含む

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン