このページの本文へ

So-net人気コンテンツが集合! “So-net Contents Party in VenusFort”が開催

2001年09月17日 23時49分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーコミュニケーションネットワーク(株)は16日、同社が運営するインターネット総合サービス“So-net”の主要コンテンツを集めたスペシャルイベント“So-net Contents Party in VenusFort”を東京/お台場のヴィーナスフォートで開催した。

イベントでは、So-net人気キャラクター“モモ”と人気モデル/高橋マリ子さんによるブライダルフェスティバルや、Jリーグ人気選手のトークショーなどが行なわれ、So-net内のECサイトで事前にショッピングをしたユーザー計600名が会場に招待された。

まず最初に、人気劇団“キャラメルボックス”の制作総指揮/加藤昌史さんと、劇団の人気俳優によるスペシャルトークショー&オリジナルグッズ大抽選会が行なわれた。So-net内には、同劇団のオリジナルグッズを扱うECサイト“Caramelbox Online Store”があり、劇団の公演ビデオや書籍、音楽CDなどが販売されている。

キャラメルボックス加藤さん
キャラメルボックスの制作総指揮/加藤昌史さん

キャラメルボックスは、11月より“2001クリスマスツアー”として演劇“ブリザード・ミュージック”の公演をスタートする。11月1日からの新潟公演を皮切りに、11月7日より神戸公演、11月23日より東京公演を順次行なうという。

オリジナルグッズ大抽選会では、サイン入りフォトブックや'90年の公演ビデオなど、レアアイテムが次々に登場し、当選したファン計15名にプレゼントされた。また、来場したファン全員に非売品のオリジナルポストカードが配布された。

菅野さん
キャラメルボックス劇団員の菅野良一さん
大内さん
同じく劇団員の大内厚雄さん
小川さん
今イベントの紅一点、劇団員の小川江利子さん
佐藤さん
劇団員の佐藤仁志さん
続いて、Jリーグの横浜Fマリノスの波戸康広選手を迎えてのトークショー“横浜Fマリノス・スペシャルトークショー”が行なわれた。司会はTVのサッカー番組でもおなじみの水沼貴史さん。トークショーではイレブンクエスチョン(11問の質問に○×で答える)形式で進められた。
  • 質問“監督が代わってチームも変わった”:○
  • 質問“横浜Fマリノスはオレがいないとダメ”:×→ファンからのブーイングで○に
  • 質問“外国人選手3人の加入は大きい”:○ 波戸「3人も入るとチームが変わりますね。外国人選手はよくしゃべるから雰囲気もよくなる」
  • 質問“チームでいちばんモテるのはオレだ”:× 波戸「カッコいい人はいっぱいいますから、川口さんとか」
  • 質問“スタジアムで自分への声援が聞こえる”:○ 波戸「(アウトサイドの選手なので)結構聞こえるんですよ」 水沼「ヤジしか聞こえないときあるよね」 波戸「最近は(苦笑)」
  • 質問“女性の声援は聞き逃さない”:○ 波戸「以前より声援が多くなったのは感じています。もっとゴールしないとだめですね」
  • 質問“鹿島アントラーズは手強い”:○
  • 質問“セカンドステージで優勝するのは横浜Fマリノスだ”:○ 波戸「まだまだ追いつける範囲だと思います」
  • 質問“日本代表のポジションは渡さない”:○ 波戸「Jリーグで活躍することがアピールにつながる。今はケガをしているので早く復帰してチームに貢献できるようにならないといけないですね」
  • 質問“トルシエ監督は怖い”:○
  • 質問“ワールドカップで日本は優勝する”:○ 波戸「まず決勝トーナメントに進むことが第1目標。トーナメントだから何が起こるかわからない」
波戸選手と水沼さん
横浜Fマリノスの波戸選手(右)と、司会の水沼さん(左)
ツーショット撮影会
トークショーの後は、波戸選手と来場者とのツーショット撮影会。ポラロイドカメラで撮影した写真がプレゼントされた
次は、同じくJリーグ鹿島アントラーズの中田浩二選手と曽ヶ端準選手が登場、イレブンクエスチョン形式でのトークショーを行なった。
  • 質問“鹿島アントラーズの中に「こいつにだけは負けたくない」という選手がいる”:中田× 曽ヶ端×
  • 質問“チームでいちばんモテるのはオレだ”:中田○ 曽ヶ端× 曽ヶ端「100%間違いなくそうでしょう」 中田「汗かいてきちゃった(苦笑)」
  • 質問“ユニフォーム姿より私服姿のほうがイケてる”:中田○ 曽ヶ端○ 曽ヶ端「今日は通販で買ったもので揃えてきました(笑)」
  • 質問“初めてサッカーボールで遊んだときのことを覚えている”:中田× 曽ヶ端× 曽ヶ端「本格的に始めたきっかけは、兄貴が蹴るボールをオレが受けてて、自然とそのままキーパーに(笑)」 中田「僕はその逆で、兄貴がキーパーだったんです(笑)」
  • 質問“サッカーがいちばんカッコいいスポーツだ”:中田○ 曽ヶ端○ 曽ヶ端「でもキーパーは地味ですよ」 中田「いちばん地味なのはディフェンスですよ。いくら守っても褒められるのはキーパーだから」
  • 質問“憧れの選手がいる”:中田○ 曽ヶ端×
  • 質問“サッカー以上に大切なことがある”:中田○ 曽ヶ端× 中田「それは寝ることです(笑)。9~10時間は寝ないとダメなんですよ」 曽ヶ端「それはサッカーに含まれると思います(笑)」
  • 質問“人に知られたくない弱点がある”:中田× 曽ヶ端×
  • 質問“将来自分の息子がサッカー選手になりたいと言ったら賛成する”:中田× 曽ヶ端○ 中田「野球選手のほうが儲かりそうだし(笑)、サッカーは30歳くらいまでしかできないですしね」 曽ヶ端「本人がやりたいって言えば賛成します。でもキーパーはやめたほうがいい(笑)」
  • 質問“セカンドステージで優勝するのはアントラーズだ”:中田○ 曽ヶ端○
  • 質問“ボールはオレの友達だ”:中田○ 曽ヶ端× 中田「友達じゃないからボールが逃げてゴールに入っちゃうんじゃないの(笑)」 曽ヶ端「痛いとこつかれましたね(笑)」
中田選手と曽ヶ端選手
鹿島アントラーズの中田選手(右)と曽ヶ端選手(中央)。司会は水沼さん(左)
Tシャツ抽選会
トークショーの後に行なわれたサイン入りTシャツ抽選会。当選したファン「最近守備的なので、もっと上がってください」、中田選手「チーム事情というものがありまして……(苦笑)」

最後は、モモと高橋マリ子さんをモデルにしたブライダルフェスティバル。ヴィーナスフォート内の教会広場で、新郎新婦に扮したモモと高橋マリ子さんによるウエディングセレモニーが行なわれた。

モモと高橋マリ子さん
ステージに登場した新郎役のモモと、新婦役の高橋マリ子さん。モモの衣装は今回のイベントのために作られたもの
誓いのキス
指輪の交換の代わりにメール交換をした後、誓いのキス。モモふらふら
フラワーシャワー
来場者からのフラワーシャワーを浴びる2人(1人と1匹?)

なお、これらのイベントの様子は、後日So-net内のサイトで公開される予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン