このページの本文へ

I・O・データ、メモリーと16倍速書き込みの内蔵型CD-R/RWドライブなどを発売

2001年09月10日 23時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は10日、PC800対応のラムバスメモリーモジュール『RM800E』、PC133に対応した512MBのSDRAMモジュール『S133-512M』、ノートパソコン用の30GB内蔵型HDD『HDNV-N30G』、CD-R書き込みが16倍速のCD-R/RWドライブ『CDRW-AB16J』を発売すると発表した。

『RM800E-256Mx2』(パッケージ)
『RM800E-256Mx2』

『RM800E』は、ダイレクトラムバスDRAMを搭載し、ECC対応のRIMMで、2枚構成で販売する。256MBモジュールが2枚の『RM800E-256Mx2』と、128MBモジュールが2枚の『RM800E-128Mx2』をラインアップする。9月下旬に出荷の予定で、価格は『RM800E-256Mx2』が3万4800円、『RM800E-128Mx2』1万7800円。また、『S133-512M』は、512MBのSDRAMを搭載したPC133対応の168ピンDIMモジュール。電源は3.3Vで6層基板を採用する。9月下旬出荷予定で価格は1万8000円。

『HDNV-N30G』は、ノート型のPC/AT互換機用のHDDで、容量は30GBで、インターフェースはIDE(ATA-5)を採用。回転数は毎分4200回転。電源電圧は5Vで消費電流は0.4A。本体サイズは幅70×奥行き100×高さ9.5mm、重量は約95g。9月末出荷予定で、価格は3万6800円。

『CDRW-AB16J』
『CDRW-AB16J』

『CDRW-AB16J』は、バッファーアンダーランエラーなどを防止する技術である“JustLink”と“JustSpeed”を搭載したCD-R/RWドライブ。CD-R書き込みが16倍速で、CD-RW書き込みは10倍速、CD-ROM読み出しは32倍速となっている。ドライブユニットは(株)リコー製の『RW7163A』で、インターフェースはATAPI。本体サイズは幅146×奥行き197×高さ41.5mm、重量は約1kg。対応OSは、Windows Me/98/98 SE/2000/NT 4.0(SP以降)。(株)ビー・エイチ・エーのライティングソフト『B's Recorder GOLD for Windows』とパケットライトソフト『B's CLiP』などを収録したオリジナルCD作成キットが付属する。9月末出荷予定で、価格は1万2000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン