このページの本文へ

『HancomOffice 2.0』詳報

2001年09月06日 18時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

HancomPresenter 2.0 Preview

『HancomPresenter 2.0 Preview』では、PowerPointとの互換性を強化し、PowerPoint 95/97/2000ファイルの読み込み/保存に対応したほか、プレゼンテーションをHTMLで保存することも可能になった。また、MP3やWAV形式の音声ファイル挿入や、MPEG動画挿入にも対応している。

『HancomPresenter 2.0 Preview』
“Insert”メニューから“Multimedia”を選択すると、WAV、MP3形式の音声ファイルやMPEG動画を挿入することが可能。

HancomPainter 2.0 Preview

『HancomPainter 2.0 Preview』では、新たにレイヤーをサポートし、Undo/Redoにも対応した。製品版ではGIMPやPhotoshopのファイルにも対応する予定だ。

『HancomPainter 2.0 Preview』
レイヤー/チャンネル操作が可能になっている。

HancomEasyDB 2.0 Preview

『hancomEasyDB 2.0 Preview』は、バージョン2.0から新たに加えられたデータベース管理プログラム。HancomLinuxのWebサイトに掲載されているスクリーンショットでは「Rekall」の画面が用いられており、『HancomEasyDB』として紹介されているので、ベースになっているのは、HancomLinuxが提携した米theKonpany.comのオープンソース製品「Rekall」のようだ。MySQL、PostgreSQL、Informix、Oracle、DB2などの各種データベースに対応しているという。

『HancomEasyDB 2.0 Preview』
クライアントインターフェイス作成画面

HancomEnvision 2.0 Preview

『HancomEnvision 2.0 Preview』も、バージョン2.0から新たに加えられた、ダイアグラム/フローチャートエディタ。このアプリケーションも『HancomEasyDB』と同じように、米theKonpany.comのオープンソース製品であり、「KOffice」にも加えられている「kivio」をベースにしているようだ。

『HancomEnvision 2.0 Preview』

今回入手できた『HancomOffice 2.0 Preview』では、まだまだ実装されていない機能が多く、すべてをご紹介することはできなかったが、製品版の大まかな動作イメージがお分かりいただけたものと思う。製品版ではさらなる機能強化や製品展開が図られるが、そちらについては以下で記者会見の内容とともにご紹介する。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!